2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    寝室で充電中のiPhone6 Plusが爆発!純正の充電器を使用

    iPhone6 Plus 爆発

    iPhone6 Plus 爆発
     

    アメリカで、充電中のiPhone6 Plusが突然爆発する事故がありました。充電には、本体に付属の充電器を使っていたとのことです。

    寝室でiPhone6 Plusが爆発!

    カリフォルニア州フレズノに住むイベット・エストラーダさんは木曜日の深夜3時頃、大きな音と焦げ臭いにおいに目覚めると、ベッドサイドで充電中だったiPhone6 Plusが黒煙を上げているのに気付きました。
     
    イベットさんはiPhone6 Plusを3か月前に買ったばかりで、充電には付属品の純正のACアダプタを使っていたそうです。
     
    iPhone6 Plus 爆発
     
    幸い、イベットさんに怪我はありませんでしたが、iPhone6 Plusの近くに置いていた眼鏡と、夫婦のApple Watch用スタンドが壊れてしまいました。
     
    事故の翌日、Appleに電話で状況を伝え、焼け焦げたiPhoneの写真を送ったイベットさんはAppleから交換品のiPhoneを受け取ることとなりました。
     
    iPhone6 Plus 爆発
     
    「iPhoneが枕の下にあったら、同じ枕で夫と話していたら、顔を火傷していたかもしれない」とイベットさんは語っています。

    Appleは原因解明のため調査中

    先日、アメリカの大学生がiPhoneをジーンズの尻ポケットに入れたまま座っていてiPhoneが爆発する事故がありました。これは、iPhoneに強い圧力がかかったのが原因と考えられます。
     
    また、iPhoneをこたつの上のような高熱の場所に放置するとバッテリーが膨張や発火する危険性もあります。
     
    今回の事故の場合は、リチウムイオン電池に強い衝撃や圧力、高熱が加わっておらず、純正品のアダプタで充電していたことから原因は不明ですが、バッテリーでショートが起こったと推測されます。
     
    現在のところ、Appleは今回の事故について発表していませんが、原因の解明に向け調査に取り組んでいます。
     
    Appleは最近、リチウムイオンバッテリーの大容量化と強度向上を実現する技術の特許を申請しています。バッテリー関連の事故が繰り返されないためにも、早期の実用化が期待されます。

     
     
    Source:macdigger via PhoneArena
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次