トップページ > 最新情報 > iPhone6の「タッチ病」訴訟、アメリカに続きカナダでも
2016年10月3日 10時46分

読了まで 151

iPhone6の「タッチ病」訴訟、アメリカに続きカナダでも

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iPhone6
 
iPhone6/6 Plusのディスプレイが指で触れても反応しなくなる「タッチ病」問題で、アメリカに続きカナダでも、Appleに対する集団訴訟が起きていることがわかりました。

カナダで2件の集団訴訟

カナダの弁護士事務所Merchant Law Groupが9月、Appleを相手取り、2件の集団訴訟を提起しました。1件はカナダ全土のユーザー、もう1件はケベック在住のユーザーを原告団とするものです。
 
いずれの提訴も、AppleがiPhone6/6 Plusに欠陥があることを知りながら、故意にそれを隠蔽し、顧客に対する適切な処置を怠ったと訴える内容となっています。
 
MerchantはAppleに対し、問題を解決するための費用として顧客1人につき約3万円を支払うよう求めています

Appleから満足いく回答得られず

原告団を代表するひとりであるトリナ・ワイガースさんのiPhone6が時々フリーズするようになり、指で触れても反応しないことが増えたのは今年初め、2年間の保証期間が切れて数カ月経過した頃のことです。
 
ワイガースさんはAppleに何度も連絡をし、問題を訴えましたが、満足のいく答えは得られませんでした。
 
今年8月にはApple Supportの上級アドバイザーに、タッチ病問題を取り上げたiFixitのリンクを送り、同様の問題が多発していると伝えたものの、「問題がAppleの製造過程にあるという情報はない」との答えが返ってきたのみだった、とのことです。
 
タッチ病問題については、8月に北カリフォルニアでも集団訴訟が起きています。
 
 
Source:CBC
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる