冗談が現実に!Alipayが他人に有料で用事を頼めるアプリ

Alipay Everywhere

Alipay Everywhere
 
中国のAlibabaが展開する決済システムAlipayが現地時間9月29日、近くにいる他人から有料でサービスを受けることができる機能「Alipay Everywhere」を発表しました。

エイプリルフールネタからスタート

実はこの機能を紹介する動画は、昨年の4月1日、エイプリルフールネタとして公開されました
 
動画では、ユーザーが「Alipay Everywhere」を使って、UFOキャッチャーに使う小銭をくれるように頼んだり、トイレットペーパーを持ってきてくれるよう依頼したり、バスケットボールをプレイするメンバーを集めたり、リラックマもどきのきぐるみを着た人を呼んで慰めてもらったりしています。

個人のサービスにアプリで支払い

内容的にも、そして公開されたタイミングもあり、誰もAlipay Everywhereが実現するとは思っていませんでした。しかし動画とは少々違うとはいえ、現在Alipayアプリの最新バージョンでは、マップ上に「ピン」が表示され、それぞれのピンはユーザーの現在地に近い、個人が提供可能なサービスを表しています。
 
Alipayユーザーは、自分が必要とするサービスを、例えば「修理」「教育」といったカテゴリーで絞り込み、依頼することが可能です。
 
受け手とサービス提供者は実際にサービスの授受を行なう前にチャットすることができ、また電話番号を公開せずにやりとりが可能です。
 
Alipay Everywhere

現時点で利用可能なのは上海のみ

AlipayはユーザーにAlipay Everywhereの利用を促すため、サービスの提供者として登録した最初の1万人に「特別ステータス」を与え、彼らが優先的に表示されるようにするキャンペーンの実施も発表しました。
 
ただし現時点で同機能が使えるのは、上海のみとなっています。
 
以下はエイプリルフールネタとして公開された動画です。
 

 
 
Source:Business Insider
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次