ポケモンGO、トラフィック量が当初想定の50倍、危険水準の10倍を記録していた - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > ポケモンGO、トラフィック量が当初想定の50倍、危険水準の10倍を記録していた
2016年9月30日 16時47分

読了まで 151

ポケモンGO、トラフィック量が当初想定の50倍、危険水準の10倍を記録していた

ポケモンGO 遊び方 Tips コツ


 
ポケモンGO」の動作が何かにつけて重いと感じたことはユーザーなら1度はあるはずです。この原因は下記のグラフを見れば一目瞭然でしょう。

当初想定の50倍!

7月にアメリカで公開されるや否や、世界中でブームを巻き起こしている「ポケモンGO」のトラフィックがNiantic側の想定する「最悪のシナリオ」の10倍以上を記録していたことが分かりました。その量はもともと想定していたトラフィックと比べた場合、50倍にも達しています。これではゲームが重いと感じてしまうのも当然と言えます。
 
ポケモンGO トラフィック
 
このデータは、Nianticが利用しているGoogle Cloudが、自サービスのブログで明らかにしたものです。同ブログによれば、世界に先駆けて公開されたオーストラリアとニュージーランドで、サービス開始から15分でNiantic側の予測を上回る数値を記録してしまったのだとか。翌日にはアメリカでのリリースが控えていました。当時、Nianticのジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)はまさに「総動員」で対応に追われていたそうです。
 
また日本での公開時には、さらなるエンジンの一新が迫られるなど、文字どおりGoogleとNianticが一丸となってサーバーの安定に努めてきたとのことです。
 
以前、PokeVisionなどの規約違反アプリがいかにサーバーに不要な影響を与えているかが、Niantic公式によって図示されましたが、このグラフをみると確かに少しでも負担を軽減したいという思いになるのも分かりますね。
 
 
Source:Business Insider,Google Cloud Platform Blog
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる