2016年9月28日 16時35分

読了まで 159

3.5mmイヤホンジャックが消える日も近い?音声対応USB規格発表

展示 iPhone7 シルバー


 
USB標準化団体USB-IFが、USBボートでヘッドホンやマイクを利用可能にする最新規格を発表しました。

一歩先を行くApple

で3.5mmイヤホンジャックを廃止しましたが、すべてのオーディオ機器から3.5mmアナログオーディオジャックが消える日も、そう遠くはないかも知れません。
 
USB-IFが現地時間27日、ヘッドセットやモバイル端末、ドッキングステーション、ゲーム機器、VRソリューションを含むすべてのデジタルオーディオ機器のデジタル音声が、USB Type-C経由でやり取り可能な規格「USB Audio Device Class 3.0」を発表しました。
 
CNETによれば、USBオーディオ規格はすでに存在しますが、USB経由で音楽を聴くとバッテリーの持ちが悪くなる、イヤホン側で一時停止や早送りなどのリモコン操作ができないといった課題が、今回のバージョン3.0では解決されているとのことです。
 
また3.5mm端子よりもUSB端子のイヤホンのほうが、ノイズキャンセリングなどの機能を安く搭載しやすいとされています。

今後のMacBookシリーズもUSB Type-Cのみになるか

USB-IFは、新規格が浸透すれば、メーカーは複数のポートを機器に搭載不要となり、USB Type-Cのみですべてに対応可能となる、と主張しています。また3.5mmジャックを廃止することで、製品の薄型化がしやすくなるとも述べています。
 
Appleが2015年4月に発売したMacBookは、イヤホンジャックとUSB Type-Cポートを1個しか搭載しておらず、あまりに斬新だと話題になりました。今秋発表が見込まれている新型MacBook Proについても、USB Type-Cポートのみを搭載する(イヤホンジャックはどうなるか不明)という説が主流となっています。
 
 
Source:CNET,USB-IF(PDF)
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる