トップページ > 最新情報 > 水泳でApple Watch Series 2はどれくらい使える?
2016年9月24日 13時51分

読了まで 215

水泳でApple Watch Series 2はどれくらい使える?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple Watch CM Go Time
 
50mまでの耐水機能を持つ Apple Watch Series 2のリリースを、日常的に泳いでいる人たちが喜んだのは間違いないでしょう。耐水になっただけでなく、プールや海で泳いだ距離もトラッキングできるようになったのは、大きな機能向上です。
 
MacRumorsが、実際にプールでApple Watch Series 2を使い、使い勝手や長所や短所を解説しているのでご紹介します。

実際にプールで使ってみた

プールで泳ぐ場合、まずプールの長さを入力、次に目標を設定します(設定しなくてもよい)。スタートボタンを押すと3秒からのカウントダウンが始まり、計測がスタートします。
 
水泳のワークアウトでは、最高4種類の計測データが表示されます。デフォルト設定ではワークアウトの長さ、消費カロリー、泳いだラップ数、距離となっていますが、iPhoneのApple Watchアプリを使えば表示する項目や順番をカスタマイズ可能です。
 
泳ぎ始めると画面が自動的にロックされ、誤操作や衝撃による測定の中断などを防ぎます。泳ぎを中断したい場合はデジタルクラウンと横のボタンを同時に押し、再開するときも同じボタンを同時に押します。
 apple_watch_swim_workout

バタ足の測定は難しい

MacRumorsによると、プールを同じペースで往復するだけなら、Apple Watchは息継ぎの回数、プールのはしでのターンの回数を正しく記録、距離、時間、消費カロリーをきちんと割り出してくれます。
 
ただし、たとえばビート板を使うような、足だけ、息継ぎだけを練習する場合、距離などをうまく測定できないようです。というのもApple Watchは腕の動きから測定を行っているからです。
 
一時的に休憩を取る場合(たとえば壁につかまって少しだけ休む場合)、いちいち測定を一時停止させなければならないのも面倒だ、とMacRumorsは指摘しています。
 
しかし総合的に見て、普通に泳いでラップ数や心拍数、カロリーなどを計測するのであれば、まったく問題ないとのことです。またGPSを搭載しているので、海で泳ぐ場合も距離を正確に測定してくれます。
 
水泳で使えるウェアラブルとしてすでに複数の商品が販売されていますが、様々なワークアウトやアクティビティと合わせて測定できる点などから、Apple Watchはスイマーにもオススメのスマートウォッチといえそうです。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報, Apple Watch  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる