2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    「iPhone8のデザインはSamsungの真似」は大間違い!特許情報で明らかに

    2011年にAppleが出願した特許

    2011年にAppleが出願した特許
     
    2017年のiPhone8に搭載が予想される、側面がカーブしたディスプレイについて「Samsungを真似た」との説はとんだ見当違いだとAppleの特許情報に詳しいメディアが報じています。

    「iPhone8の側面ディスプレイはSamsungを模倣」は大間違い!

    2017年発売のiPhone8と噂されるモデルに、両側面がカーブしたOLED(有機EL)ディスプレイが搭載される、との噂があります。
     
    側面がカーブしたディスプレイは、SamsungのGalaxy Note7などが既に採用していることから、複数のメディアが「iPhone販売低迷に苦しむAppleが、ついにSamsungのデザインを模倣する」という論調で報じました。
     

    Samsung Galaxy Note7

    Samsung Galaxy Note7


     
    これに対し、Appleの特許情報に詳しいPatently Appleが、「実はSamsungがAppleの特許情報を真似ていた」と真っ向から反論しています。

    Appleが先に特許を出願、情報が公開されていた

    ディスプレイの側面がカーブしたSamsungの最初のスマートフォンは、2014年9月に発表されたGalaxy Note 4 Edgeでした。この技術特許は、2012年5月に韓国の特許庁に、2013年11月に米国特許商標庁に出願されています。
     

    Samsungが2012年に出願した特許

    Samsungが2012年に出願した特許


     
    一方、同様の技術特許をAppleは2011年9月に出願し情報が公開されています。つまり、このデザインはAppleが先行して開発し特許を出願していた、というわけです。
     
    Appleは、曲面OLEDディスプレイを搭載し、側面にも表示と操作部を設けたスマートフォンの別な特許も2011年9月に出願しています。
     
    2011年にAppleが出願した特許
     
    2013年にAppleは、ガラス製本体とフレキシブルOLEDディスプレイを用いたスマートフォンの技術特許を出願しており、これは前述のSamsungによる特許とは別物です。
     
    2013年にAppleが出願した特許

    2013年にAppleが出願した特許

    泥沼化したSamsungとAppleのデザイン模倣裁判ではAppleが勝訴

    Patently Appleは、SamsungのデザインをAppleが真似した、という考えはまったくの見当違いだと強調しています。
     
    SamsungとAppleといえば、iPhoneのデザイン模倣に関する長期化した裁判で、米連邦最高裁判所まで争った結果、Samsungによるデザイン侵害が認められ、Appleが勝利しています。
     
    Appleを支持する法廷助言書
     
    その直後、Samsungがこの判断の見直しを求めて上訴し、10月から意見聴取が始まるのを前に、著名デザイナーら111名がAppleを支持する法廷助言書を提出しました。
     
    Samsungの特許情報といえば、先日、同社のスマートウォッチに関する特許の出願書類に、言い逃れできないレベルでApple Watchそのものの図が複数使われており、話題となりました。

     
     
    Source:Patently Apple
    Photo:Apple Insider, Samsung
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次