トップページ > 最新情報 > Twitter、不要なリプライを受け取らずに済む「クオリティフィルター」などを新たに導入
2016年8月19日 16時25分

読了まで 156

Twitter、不要なリプライを受け取らずに済む「クオリティフィルター」などを新たに導入

twitter
 
Twitterは18日、自分のツイートに対する通知にフィルターをかけることが可能な「クオリティフィルター」機能を正式に導入開始しました。

「クオリティが低いリプライ」をシャットアウトできる

昨年からベータテストが一部のユーザー間で行われていた「クオリティフィルター」ですが、この機能をオンにすると「アカウントの言動や行動を含めたさまざまな要因を利用したフィルターがかかり、同じアカウントからの同じ内容のツイートや自動生成されたツイートの通知」を受け取らずに済むようになります。
 


 
一言でいうならば、いわゆる「糞リプ」と呼ばれる類の通知を、アルゴリズムが自動的に遮断してくれるということでしょう。ただし、自分がフォローしているアカウントや返信ツイート(リプライ)を行なっているアカウントからのコンテンツにはフィルターはかからないようです。

フォローしているアカウント以外からの通知も拒否が可能

この他にも、Twitterは自分がフォローしているアカウントからのみ通知を受け取ることが可能なオプションも新たに導入しています。デフォルトでオンになっている「クオリティフィルター」と異なり、こちらは手動で設定する必要があります。
 
twitter
 
設定画面から「通知」を選択、「フォローしているアカウントのみ」の欄にチェックを入れることでオンにすることが可能です。
 
 
Source:Twitter
(kihachi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる