トップページ > 最新情報 > Apple、シアトルの拠点を拡張か
2016年8月13日 15時39分

読了まで 152

Apple、シアトルの拠点を拡張か

Sunny Seattle tdlucas5000


 
Appleがワシントン州シアトル周辺で、巨大なオフィススペースを探しているとの情報が、不動産業界から浮上しています。

シアトルで巨大なオフィススペースを物色中

米メディアGeekWireが複数の情報源から入手した話によると、Appleはシアトルにおいて、2,300人までの従業員が収容可能な巨大なオフィススペースを探している模様です。
 
Appleは先頃、シアトルを拠点とするAI開発企業Turiを買収したばかりですが、同社はそのままシアトルにとどまることが明らかになっています。Appleは2014年にシアトルに本社を置くUnion Bay Networksを買収して以来、昨年夏には新オフィスを借りるなど、シアトルでの存在感を徐々に増してきました。とはいえ、現在Appleがリースしているスペースは、それほど大きなものではありません。

オフィスビル建設ブームのベルビュー

現時点でAppleが目星をつけているとして候補に上がっているのが、シアトルから約14キロ離れたベルビューのダウンタウンにある、『Centre 425』という、今年完成予定の16階建ての建物です。Geekwireによれば、ベルビューではほかにも2つの大きなオフィスビル・プロジェクトが進行中です。
 
ベルビューといえば、MicrosoftやExpediaを含む多くの企業が拠点を構える都市として知られており、昨年はSalesforceがオフィス規模を2倍に拡張したほか、ゲーム企業のValveもベルビュー本社を移転、拡張することをつい先日発表したばかりです。

 
 
Source:GeekWire via AppleInsider

Photo:tdlucas5000/Flickr
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる