トップページ > 最新情報 > 「ポケモンGO」がアップデート〜「足あと」削除に不満の声も
2016年7月31日 10時29分

読了まで 213

「ポケモンGO」がアップデート〜「足あと」削除に不満の声も

ポケモンGO


 
大人気スマホアプリゲーム「ポケモンGO」がアップデートされ、複数のバグや不具合が修正されました。

バグや不具合が修正

ポケモンGO」がiOS版はバージョン1.1.0に、Android版はバージョン0.31.0にアップデートされました。内容は以下のとおりです。
 

  • トレーナーアバターがプロフィール画面から再編集可能になりました
  • 一部の技のダメージを調整しました
  • ジムのアニメーションを一部調整しました
  • メモリー問題を改善しました
  • 近くのポケモンから足あとを削除しました
  • エンカウント中のバグを修正しました
  • ポケモンの詳細画面を更新しました
  • メダルの画像を更新しました
  • マップの表示の不具合を修正しました
  • 一部テキストの修正しました
  •  
    しかし今回のアップデートに伴い、「近くのポケモンから足あとが削除」された件については、ユーザーから不満の声が上がっています。

    「足あと」機能の削除はサーバ負担軽減のため?

    プレイ中画面の右下には、近くにいるポケモンが小さなボックス内に表示され、そのボックスをクリックすると、それぞれのポケモンが3つの足あとともに表示される仕組みになっていました。
     
    本来であればその足あとがポケモンまでの距離を示し、プレイヤーが近づけばひとつずつ足あとが消え、完全に消えたらポケモンが地図上に現れる「はず」でした。
     
    ところが、ポケモンに近づこうが離れようがこの足あとの数は変わらず、開発者であるNianticも、問題は認識しているとしながら、これまで修正されることはありませんでした。
     
    そして今回のアップデートでは結局修正ではなく、機能そのものが削除される結果となっています。
     
    ユーザーの間では、サーバの負担を軽減するため、Nianticがあえて最初からこの機能をオフにし、結局削除に至ったのではないかという噂が流れています。

    「博士に送る」ボタンが使いやすく

    もちろん、今回のアップデートによって改善された点も多々あります。そのひとつが、「博士に送る」ボタンが右下のボタン内に入り、これまでのように画面をスクロールする必要がなくなったことでしょう。
     
    また一部では、ファンの間で「ポケモンの巣」と呼ばれる、同じポケモンが大量発生する場所が変更された、との報告もあるようです。
     
     
    Source:Business Insider
    (lunatic)

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる