トップページ > 最新情報 > Apple、iPadへのデジタルクラウン搭載を特許申請
2016年7月29日 11時43分

読了まで 144

Apple、iPadへのデジタルクラウン搭載を特許申請

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

Apple 特許 デジタルクラウン
 
Appleは、画面に触れずとも操作できる「デジタルクラウン」をApple Watchに搭載していますが、同技術をiPadに向けて搭載する旨を特許申請していたことが、ニュースメディア『Patently Apple』の報道により、明らかとなりました。

何のため?考えにくいiPadへのデジタルクラウン搭載

 
このほどAppleが申請した特許資料を確認すると、iPadと思われるデバイスの右下側にデジタルクラウンのような突起が存在していることがわかります。
 
Apple Watchを使用したことのあるユーザーであればわかりますが、このデジタルクラウンを使用すれば、回したり押したりすることで、画面に触れずとも操作が可能となるわけですが、本来大きな画面で視認性をよくし、さらに触れやすくすることを目的としたiPadに対して、なぜこのような技術適用を検討しているのかについては明らかでありません。
 
実際にこの技術が実現すれば、どのような外観になるのかが気になるところですが、米ニュースメディア『9to5Mac』は、早速iPhoneに導入したケースを想定して、イメージ画像を作成しています。
 
Apple 特許 デジタルクラウン
 
Appleは、これまでも製品化に至らないような多数の特許を取得しており、今回の件についても同様とは思われますが、今後の展開が注目されます。
 
 
Source:Patently Apple,9to5Mac
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる