iPhone7、3D Touch搭載のホームボタンは「クリック感」を振動で再現

    iphone7 コンセプト画像 martin hajek

    iphone7 コンセプト画像 martin hajek
     
    9月にリリースされる予定のiPhone7ですが、ホームボタンが従来の物理ボタンではなく、「静電容量式」のボタンとなる可能性のあることが分かりました。

    「クリック感」を振動で再現

    リーク情報に詳しいMacお宝鑑定団Blogが明らかにしたところによると、サプライヤーサイドの情報として、iPhone7ホームボタンは従来の物理ボタンではなく、静電容量式のボタンとなることが分かりました。
     

    iphone7 ホームボタン 感圧タッチ

    先日公開されたフロントパネル(左側)の穴の形状とも一致する。


     
    これによって、これまで伝えれていたとおり、感圧タッチ機能とTaptic Engineを搭載した「3D Touch」がホームボタンにも搭載されるものの、あくまでもクリックはTaptic Engineによって振動で再現されるようになるため、「iPhoneの電源が入っていない時はクリック感を感じない仕様になる」とのことです。

    カラバリは5色、ブラックが2種類

    また、先述したMacお宝鑑定団Blogは、カラーバリエーションが5色展開になり、2種類のブラックモデルが加わると伝えています。従来のゴールド、シルバー、ローズゴールドに加え、スペースグレイの色が黒よりの濃い色(マットブラック・スペースブラックとの説もあり)に変更され、新たにフォーマルブラックが加わるとみるのが妥当でしょう。
     
    Mac Pro 2013
     
    なお2種類の黒のうち、片方はMac Pro(Late 2013)のような色になるとのことです。iPhoneシリーズで言うならば、懐かしのiPhone3GSのような仕上がりでしょうか。
     
     
    Source:Macお宝鑑定団Blog
    Photo:Martin Hajek
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次