トップページ > 最新情報 > 要注意!三井住友銀行を装う不審なメール出回る 添付にマルウェアか
2016年7月12日 22時46分

読了まで 214

要注意!三井住友銀行を装う不審なメール出回る 添付にマルウェアか

三井住友銀行 不審 メール


 
三井住友銀行を利用している方は、ひっかからないようにご注意を。
 
数日前から、三井住友銀行を装い、「金融機関等を装う電子メールにご注意ください」と注意喚起する不審メールが出回っています。添付されているZIPファイルを開くとウィルスなどに感染する恐れがあり、同行のほか警視庁などが注意を呼びかけています。

「振込受付完了メール」に添付ファイルがあったら要注意!

三井住友銀行によると、ここ最近、同行が送信した「振込受付完了メール」を装う不審なメールが、同行との取引の有無にかかわらず、不特定多数に送付されています。メールにはZIP形式の添付ファイルがあり、これを開くとウィルスに感染すると想定されます。
 

三井住友銀行 不審 メール

三井住友銀行を装った不審なメールの例


 
このメールは、三井住友銀行が送信する通常の「振込受付完了メール」の文面そのままではありますが、添付ファイルがあるのが怪しいポイントです。
 


 
アンチウイルスソフトメーカーのカスペルスキーも、この不審なメールについて注意喚起しています。カスペルスキー製品での検知によると、添付ファイルは「Trojan.Win32.Agent.ijfw」とのことで、マルウェアとみられます。
 


 
心当たりのない場合はメールを開かず削除し、万が一開封してしまっても、添付ファイルは絶対に開かないように、くれぐれもご注意ください。
 
 
Source:三井住友銀行 [1], [2]
(asm)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる