トップページ > 最新情報 > 【小技】iPhoneの電源をスリープボタン使わずオフにする方法
2016年7月13日 07時10分

読了まで 241

【小技】iPhoneの電源をスリープボタン使わずオフにする方法

ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする
 
iPhoneの電源は、スリープボタンを長押しすればON/OFFすることができます。
 
でも、もしスリープボタンが壊れてしまったら、電源を切ることも入れることもできなくなるの?いいえ、実はちゃんと他にも電源をON/OFFする方法があるんです。
 
そこで今回は、スリープボタンを使わずに、iPhoneの電源をON/OFFする小技を紹介します。

ボタンを使わず電源をONにする方法

まずは、スリープボタンを使わずに電源をONにする方法から紹介します。
 
これには、AssistiveTouch機能を利用します。

 

1
一般→アクセシビリティの順にタップ
 ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする  ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

 

2
「AssistiveTouch」をタップ
 ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

 

3
「AssistiveTouch」をオンにする
 ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

  • 画面に黒い円のようなアイコンが表示されればOKです
  •  

    4
    「最上位メニューをカスタマイズ」をタップ
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

     

    5
    「カスタム」をタップ
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

  • すでにカスタマイズをしていて「カスタム」がない場合は、+マークをタップしてアイコンを増やしてください
  • 「カスタム」のかわりに、自分にとって不要な機能を選んでもOKです
  •  

    6
    「画面をロック」をタップ
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

     

    7
    完了をタップし、「戻る」をタップ
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする  ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

     
    これで準備完了です。
     
    画面に表示された、黒いアイコンをタップすると、AssistiveTouchメニューが表示されます。
     

     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする  ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

     
    先ほど追加した、「画面をロック」アイコンを長押してください。
     
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする
     
    すると、スリープボタンを長押ししたときと同じように、電源を切る画面が表示されます。
     
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする
     
    スライドで電源オフ」をスライドすれば電源をオフにすることができます。
     
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする

    ボタンを使わずに電源をONにする方法

    次は、電源をONにする方法です。
     
    当然ですが、AssistiveTouchは電源が入っていなければ使うことはできません。スリープボタンを使わずに電源を入れたいときは、「USBケーブル」でiPhoneをPCと接続しましょう。
     
     ボタンを使わずにiPhoneの電源をオン/オフする
     
    すると、自動的に電源がONになります。

    一番使いやすいようにカスタマイズしよう

    以上が、スリープボタンを使わずに電源をON/OFFする方法でした。
     
    AssistiveTouchの黒いアイコンが邪魔だなあ、と思う人は、AssistiveTouchをショートカットに登録すると便利になります。
     
    詳しい設定方法は指1本でスクリーンショットを撮影する方法の記事で解説していますので、応用してみてくださいね。
     
    もしも突然スリープボタンが使えなくなったとき、知っていれば助かることもあるかもしれないので、覚えておいて損はないと思いますよ!

     


    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる