トップページ > 最新情報 > 19年前の7月7日、アップルにジョブズが復帰―破産寸前の企業が時価総額世界一に

読了まで 212

19年前の7月7日、アップルにジョブズが復帰―破産寸前の企業が時価総額世界一に

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

steve jobs インタビュー ジョブズ
 
1997年7月7日――この日に心当たりのあるアップルファンはどれだけいるでしょうか。19年前の7月7日は、スティーブ・ジョブズ氏がアップルに復帰した日です。

破産寸前の状態にあったアップル

1997年7月7日、アップルCEOを1年務めたギル・アメリオ氏が退任、同社がNeXTを買収する形で、一時は社から追放されたスティーブ・ジョブズ氏が再び、アップルのトップへと復帰することになりました。
 
その当時、破産の危機に瀕していたアップルが、どうやって時価総額世界一の企業に上り詰めたのか――ジョブズ氏がCEOに返り咲いたことが最大の原因であるのは言うまでもありません。
 
前任者のギル・アメリオ氏がすべて悪いわけではありませんが、彼がCEOだった時代、アップルは16億ドル(約1,600億円)の損失を計上、91年から同社が積み上げてきた利益のすべてを吹き飛ばすような有様でした。社の資金は3ヶ月分しか残っておらず、何もしなければそのまま破産を迎えることは確実でした。

ジョブズ氏が復帰した日から株価は100倍に

ここでジョブズ氏が打った初手は、従業員がストックオプションとして持っていた株を1株13.81ドル(約1,380円)に再設定するという策です。もちろん、理事会は反発しますが、彼は「私に同意しないなら、君らが会社を辞めるべきだ」と強気な態度で押し切ります。
 
結局、理事会はジョブズ氏によって再変革され、Oracleの創業者Larry Ellison氏や、IntelのCFOであるJerry York氏が新たに迎え入れられることとなりました。
 
その後アップルがどうなったかは我々がよく知る通りです。98年にディスプレイとコンピュータが一体となったiMacを出し業界に衝撃を与えると、ここからアップルの「第2の春」が始まります。97年にジョブズ氏が復帰した当時、彼の役職はただの「臨時CEO」でした。00年になってこの役職は改められましたが、その頃にはアップルの従業員の誰もが、彼のことを「終身CEO」だとみなすようになっていたことは想像に難くありません。
 
ちなみに、ジョブズ氏が復帰した97年7月7日に13.81ドルだった株価は、19年後の7月7日、株式分割前の計算で1,343.16ドル(約13万4,300円)、つまり約100倍となっています。
 
 
Source:Cult of Mac
(kihachi)

--PR--

[公式] - 新発売 iPhone8/Plus/Xの予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


[最新iPhone] - 価格.comで徹底比較

iPhone X・8/8 Plusのクチコミ、スペックや料金の比較など


[格安SIMカード] - 価格.comで徹底比較

iPhoneでも使える格安SIMで通信費を大幅節約!

いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる