次世代Apple WatchはOLEDではなくmicro-LEDディスプレイを採用か

    apple watch 新作

    apple watch
     
    アップルが次世代Apple Watchのためにmicro-LEDディスプレイを開発していることが、サプライチェーンの情報から判明しました。

    極秘研究機関はApple Watchのためだった?

    サプライヤーサイドの事情に詳しいニュースサイトDigiTimesによると、アップルはApple Watchのために現在micro-LEDディスプレイを開発しているとのことです。現行のApple WatchはLGによるOLED(有機EL)ディスプレイですが、もし今回の情報が正しければ、次世代モデルはOLEDから切り替わることになります。
     
    このmicro-LEDディスプレイは、従来のLCDディスプレイと異なりバックライトの必要がないために、さらなる薄型化が見込めるほか、これまで以上に高精細や広色域を再現可能な次世代ディスプレイです。
     
    MicroLED apple watch 2
     
    現行のOLEDよりもコストは安く済むものの、歩留まりの低さが欠点であるため、各社ともなかなか実用化には至っていませんでした。しかし、アップルは2014年5月に同技術を開発するLuxVue Technologyを買収したほか、昨年には台湾で極秘研究にあたっていることが分かっていました。
     
    ただ、仮に次世代Apple Watchのためにmico-LEDを開発しているのであれば、Apple Watch 2が第3四半期に出る可能性は低くなります。それとも、もしかすると早くもApple Watch 3の構想がアップル社内で誕生しているのかも知れませんね。
     
     
    Source:DigiTimes,prweb
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次