トップページ > 便利グッズ・Apple製品向けアクセサリー > 自撮り棒内蔵型ケースが登場!使い方も超シンプルで実用性抜群
2016年6月4日 20時06分

読了まで 154

自撮り棒内蔵型ケースが登場!使い方も超シンプルで実用性抜群

上海問屋 自撮り棒 ケース


 
最近では、旅行先などで自撮り棒を使って撮影をする方をよく見かけるようになりましたが、ああいった「旅行でしか使わない」といった商品は意外と忘れやすくありませんか?荷物にもなりますし、できればiPhoneケースにまとめてしまおう、そんなコンセプトの新商品が上海問屋から登場しています。

見た目は普通のiPhoneケース!でも・・・

 
上海問屋 自撮り棒 ケース
 
上海問屋が発売した「自撮り棒変形ケース」は、ぱっと見は普通のiPhone6s用ケースであるにも関わらず、ケースの裏側に搭載されているスティックを伸ばすと、自撮り棒に大変身するという魔法のアイテムです。
 
iPhone6s/6s Plusをつけたまま、スーッと伸ばしてセルフ撮影できます。さらに、ケースと一体化しているためバッグなどに入れる必要がなく、かさばらない点も画期的な自撮り棒です。
 
この画像だけ見ると、どうやって伸ばしたり収納したりしているのかが全く分かりませんが、いたって簡単です。
 
上海問屋 自撮り棒 ケース
 
まず、ケースを裏返して右側にあるストッパーを押しながら、スティック部分を下に引き出し、その後、画像の矢印の方向に、スティック部分をゆっくりと回します。
 
2016-0603-7201-4 copy
 
あとはスティックの端を握って伸ばしていくだけで、iPhone6s用は約610mm、iPhone6s Plus用は約850mmまで伸ばせます。
 
ケースは、前後左右に向きを調整可能で、セルフ撮影しやすい向きに固定できます。
 
なお、お値段はiPhone6s/6s Plus用共に税抜2,314円となっています。
 
気になる方はぜひ、チェックしてみてください。
 
 
Source:上海問屋
(クロス)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる