トップページ > 最新情報 > Appleが顔認識で操作可能なホームインテリジェントシステムを計画?
2016年5月28日 06時04分

読了まで 154

Appleが顔認識で操作可能なホームインテリジェントシステムを計画?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

amazon echo
 
Appleが、ユーザーの顔を識別、事前に設定した音楽を自動的に流したり、その人の好む明るさに照明を調整したりすることが可能な、ホームインテリジェントシステムの導入を計画しているようです。米CNETがAppleの関係者筋の話として報じています。

Alexaで一歩先をいくAmazon

家庭内の様々な電化製品をつなぎ、1つの端末から制御可能にする技術には注目が集まっており、複数の企業が参入しています。
 
なかでもAmazonは、クラウドベースの音声認識サービスAlexaを中心に、これを搭載した音声アシスタント端末Amazon Echoなどでスマートホーム市場に攻勢をかけています。ただしEcho、そしてGoogleがこのほど発表したスマートスピーカー「Google Home」も、あくまで音声コマンドによる操作となっており、カメラは搭載していません
 
これに対しAppleがリリースを計画している製品は音声コマンド(Siri)による操作だけでなく、カメラ搭載により顔認識も可能だとのことです。

立ちはだかるカメラとプライバシーの問題

ただしカメラの搭載はプライバシー侵害の懸念もあり、これまで他社からも何度か案は浮上しているものの、実現には至っていません。カメラに始終見張られているのは気分が悪い、という意見が多いためです。
 
CNETによれば、Intelはカメラ搭載TVボックスのリリースを計画していたものの、コスト高や抗議の声を受け、結局製品化を断念。事業そのものをVerizonに売却しています。
 
Appleについても現時点ではあくまで計画の段階であり、カメラが外される、あるいは製品化案そのものが白紙撤回される可能性もあると、CNETは述べています。
 
 
Source:CNET
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる