トップページ > 最新情報 > 旧型スマホでもiPhone6sのような感圧操作が可能に!ミシガン大学が技術を開発
2016年5月27日 23時56分

読了まで 155

旧型スマホでもiPhone6sのような感圧操作が可能に!ミシガン大学が技術を開発

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ForcePhone
 
画面を押す強さを感知して操作できる、iPhone6s/6s Plusの「Force Touch」を、古いiPhoneやAndroidスマートフォンでも利用可能にする技術「ForcePhone」が開発されました。

どんなスマホもiPhone6s風に!

ForcePhone
 
どんなスマートフォンでもiPhone6s/6s Plusの「Force Touch」のような感圧タッチ操作を可能にするソフトウェア「ForcePhone」を開発したのは、アメリカのミシガン大学博士課程でコンピュータサイエンスを学ぶ、Yu-Chih Tungさんらの研究グループです。

マイクとスピーカーで超音波の変化を検知

iPhone6sでは、スクリーンにかかった圧力を感知する特殊なセンサーが内蔵されていますが、「ForcePhone」が使うのは、スマートフォンなら必ず内蔵する、マイクとスピーカーです。
 
ForcePhone
 
スマートフォンのスピーカーから、18 kHz以上という、人間の耳には聞こえない超音波を発し、本体にかかる圧力によって発生する音波の変化から、圧力の強さや位置を検知して、感圧操作を可能にしています。
 
ForcePhone
 
iPhone6sでは、スクリーンにかかる圧力しか検知できませんが、「ForcePhone」なら、本体側面を握った時の圧力も検知可能です。

多くのアプリに感圧タッチ操作が広がるかも

「ForcePhone」の技術が公開されれば、従来モデルのスマートフォンでも感圧操作が可能になり、「Force Touch」のような便利な操作が、より多くのアプリに拡大することが期待できそうです。
 
「ForcePhone」の詳しい紹介は、以下の動画をご覧ください。
 

 
 
Source:ミシガン大学
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる