トップページ > 使い方 テクニック > これって故障?iPhoneが異常に発熱する原因3つ
2016年5月26日 16時47分

読了まで 246

これって故障?iPhoneが異常に発熱する原因3つ

iPhoneが異常に発熱する原因
 
iPhoneが突然、異常な発熱。手で持っていられないくらい熱くなって、まさか故障!?このまま爆発なんてしないよね……?と不安に思った経験はありませんか?
 
iPhoneが熱を発すること自体は、普通のことです。しかし、使い方によってはiPhoneが異常な発熱をすることがあります。
 
あまりにも熱くなったiPhoneを使っていると、充電ができなくなったり、操作不能に陥ることもあるので、まず発熱する仕組みをしって、その上で発熱を予防しましょう。

そもそもなぜiPhoneは発熱するの?

iPhoneが発熱する原因は、大きく分けて3つあります。

1.CPUの稼働による「内部」からの発熱

1つめは、処理の重たいゲームや、複数のアプリを同時に開いているときの発熱です。
 
iPhoneの処理はパソコンと同じように「CPU」が担っています。「CPU」がフル回転すると、その分だけ発熱するのです。
 
夏場のパソコンや、家庭用ゲーム機が熱くなるのも同じような理由で、「CPU」が使われれば使われただけ熱を発します。
 
パソコンやゲーム機は発熱対策として冷却ファンがついていたり、排熱口があります。しかし、小さなiPhoneでは、本体の金属部分に熱を逃がし、放熱させる方法をとるしかありません。
 
放熱のスピードよりも発熱のスピードが上回れば、iPhoneはどんどん熱を持ってしまいます。放熱が間に合っていないのです。

2.充電による「バッテリー」の発熱

2つめに、充電する際の発熱があげられます。
 
充電をしていると、バッテリーが熱を持ち、これが熱くなる原因の1つになるのです。

3.直射日光による「外部」からの発熱

そして3つめは、直射日光によって本体の金属が熱を持つケースです。
 
同様に、ポケットの中にいれているときや、室温の高い部屋で使っているとき、iPhoneの内部からの熱がうまく放熱されずに熱くなることもあります。

3つの原因が複数当てはまるときに注意

iPhoneが異常に発熱する原因
 
iPhoneが熱を持つ理由は大きく分けると3つですが、このどれか1つだけでは「異常」といえるほど熱くなることは滅多にありません。
 
複数の発熱要因が同時に起こることで、異常な発熱を引き起こすのです。
 
たとえば、
 

  • 直射日光の当たるところで充電する。
  • 充電中にゲームをプレイする
  • 室温の高い部屋でたくさんのアプリを同時に使う

 
というように、2つ以上の原因が合わさることが異常な発熱の原因になります。

原因を絶って発熱を予防する

iPhoneが異常に発熱する原因
 
これらを踏まえて事前に発熱を予防することが、iPhoneの発熱対策においては重要になります。
 
つまり、充電中はゲームのプレイを控えたり、充電するときは直射日光の当たらない涼しい部屋で行ったり、発熱する原因と逆のことをすればいいのです。
 
また、iPhoneのケースやカバーが放熱を妨げている場合もあります。夏の暑い時期は、密閉度の高いカバーを使うのをやめて、通気性の良いカバーにするだけでもずいぶん変わります。
 
これから先、夏に近づくにつれどんどん気温も高くなっていきます。iPhoneに熱がこもらないような工夫と、iPhoneをいたわる使い方をしていきたいですね。

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる