トップページ > iPhone7s > 2017年発売の次期iPhoneは全面ディスプレイを採用?
2016年5月12日 08時09分

読了まで 154

2017年発売の次期iPhoneは全面ディスプレイを採用?

iPhone7 コンセプト
 
2017年に発売が予想される次期iPhone(iPhone7sまたはiPhone8)について、ニュースメディア『MacRumors』が、Touch IDやFaceTimeカメラ内蔵型の全面ディスプレイ採用をするのではないかと伝えています。

スピーカーについてもディスプレイの裏に?

初代iPhone発売から10年となる2017年に登場する次期iPhoneは、従来のモデルサイクルとは異なり、iPhone7sではなくiPhone8が発売されるとの予測があるほか、iPhone4のようなガラス素材などを取り入れるなど、筐体デザインを刷新する可能性があります。
 
今回『MacRumors』が伝えたところによると、PodCast番組においてDaring FireballのJohn Gruber氏が、2017年に発売される次期iPhoneでは、Touch IDやFaceTimeカメラ内蔵型の全面ディスプレイが採用され、その他センサーやスピーカーについても何らかの方法でディスプレイ裏に配置されるようになるのではないか、と述べたとしています。
 
こうした噂についても以前からありましたが、仮に事実であるとすればホームボタンはついに消滅し、感圧タッチによる操作となるのでしょうか。
 
次期iPhoneについては、早ければ2017年、遅くとも2018年より、有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したiPhoneを発売するとみられ、現在の5.5インチよりもさらに大きな5.8インチ型になるという噂もあります。
 
【追記】当初記事ではこのiPhoneについて「iPhone7」としていましたが、2017年に発売される次期iPhoneについての噂であったため、修正致しました。
 
 
Source:MacRumors
(クロス)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる