Apple、企業向けアプリでSAPと提携

Cook-McDermott
 
Appleは現地時間5日、ERPシステム大手のSAPと提携し、iPhoneおよびiPad向けにSAPのHANAプラットフォームを活用したエンタープライズアプリを開発すると発表しました。

SDK、デザイン言語、アカデミーを提供

両社はiOS向けにソフトウェア開発キット「SAP HANA Cloud Platform SDK」を提供し、開発者がSAP HANAクラウドプラットフォームをベースとしたiOSアプリを、企業などユーザー側のニーズに合わせて開発できるようにします。開発者らはTouch ID、ロケーションサービス、通知などのiPhoneとiPadの機能をフルに生かしつつ、SAP HANA Cloud Platformのデータとビジネスプロセスを活用するアプリの開発が可能です。
 
またSAPベースのiOSアプリ開発を促進するため、新たに「SAP Academy for iOS」を立ち上げ、開発のためのツールとSDKの利用方法が学べるトレーニングを提供します。AppleとSAPは、SDK、デザイン言語「SAP Fiori for iOS」およびアカデミーを、年末までに提供開始する予定です。

IBMとも2014年に同様の提携を締結

提携の一環として、SAP自らもAppleのプログラミング言語Swiftを利用して、iOSアプリを開発するとしています。
 
Appleは2014年にIBMとも同様の契約を結んでおり、法人向けiOSアプリ「IBM MobileFirst for iOS」シリーズを開発、提供しています。
 
 
Source:Apple
Photo:Apple/Roy Zipstein
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

目次