Fitbit、アメリカで60%以上の驚異的なシェア―Apple Watchは7%

applewatch 出荷台数

apple watch
 
スマートウォッチ市場では圧倒的なシェアを有しているApple Watchですが、ウェアラブル市場全体ではFitbitの牙城を崩すには至っていないことが調査によって明らかとなりました。

アメリカで圧倒的な人気を誇るFitbit

躍進を続けているApple Watchをみれば、ウェアラブル市場でもさぞかし好調だと思いがちですが、実は同市場におけるApple Watchのシェアはわずか6.8%にすぎません。調査会社Kantarが新たに発表したレポートによると、アメリカで61.7%の圧倒的シェアを有しているウェアラブルはFitbitとのことです。
 
一方、ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア)ではアメリカとは対称的に、Fitbitも独占的な地位を確立しておらずシェアは18.5%にとどまり、Apple Watchが14%、Samsung Gearが11.6%と、まさに群雄割拠といった感があります。

Apple Watchの代わりになる?

apple watch fitbit
 
もともとFitbitは高いものでも2万円前後で入手できることもあり、最低限の機能(フィットネストラッカー、着信通知)で事足りるユーザーにとっては、Apple Watchより魅力的に映るのも無理はありません。筆者自身もApple WatchとXiaomiのウェアラブル「MiBand」を所有していますが、Apple Watchが劣るのは駆動時間程度とはいえど、基本的には後者で間に合っているのが現状です。
 
ただし、ティム・クックCEOが先日CNBCのインタビューで語ったところでは、まだまだApple Watchは発展途上で改善の余地があるとのことなので、スマートウォッチ市場にとどまらず、今後ウェアラブル全体でどの程度の影響力を持つようになるのか、要注目と言えるでしょう。
 
 
Source:Mac Rumors
(kihachi)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

丸みを帯びたiPhone3GSの筐体に惚れ込み、Apple信者を誓ったのも今は昔。2014年から始めたライター業がきっかけで、気づけばXiaomiやHuaweiなど中華スマホにも手を出す浮気症に。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次