トップページ > 最新情報 > 2016年第1四半期、世界スマホ市場の伸び率は過去最低!上位5社の顔ぶれも変化!
2016年4月30日 01時23分

読了まで 22

2016年第1四半期、世界スマホ市場の伸び率は過去最低!上位5社の顔ぶれも変化!

iPhone6s


 
世界のスマートフォン市場は、過去最低の伸び率を記録しました。Apple、サムスンがシェアを減らす一方、中国の新興メーカーが躍進しています。

世界のスマートフォン市場、初の横ばい

IDCが現地時間4月27日に発表したレポートによると、2016年第1四半期(1~3月)の世界スマートフォン出荷台数は3億3,490万台で、前年同期の3億3,430万台からほぼ横ばいとなりました。これは、調査開始以来最低の伸び率となります。
 
IDC 2016年第1四半期(1~3月)の世界スマートフォン出荷台数
 
メーカー別出荷台数では、サムスンが8,190万台で首位ながら前年同期の8,240万台から微減、Appleは5,120万台で、前年同期の6,120万台から16.3%の下落を記録しています。
 
一方で好調なのは中華系ブランドで、ファーウェイは2,750万台(前年同期比58.4%プラス)のほか、出荷台数トップ5からXiaomiとレノボが消えて新興メーカーOPPOとvivoが登場、前年同期比でそれぞれ153.2%、123.8%と躍進しています。
 
IDCは、この顔ぶれの変化の要因は中国市場でスマートフォンが普及し、以前より高価格帯の製品にシフトしたことにあると分析しています。

新興国市場を取り込む戦略モデルiPhone SE、低価格スマホとの激しい競争にさらされる

IDCは、Appleの出荷台数下落について、iPhone6s/6s PlusがiPhone6/6 Plusからの変化が小さく、買い替え需要を取り込めなかったことにある、と見ています。
 
最新モデルとほぼ同等の性能ながら低価格のiPhone SEについて、ティム・クックCEOは先日の決算発表会で4~6月期のiPhoneの出荷台数を好転させるとの期待を述べています
 
iPhone SEは、新興国市場で競争力のある価格帯に設定したモデルではあるものの、特に中国やインドではより低価格のスマートフォンとの激しい競争にさらされるだろう、とIDCのレポートでは予測されています。
 
 
Source:IDC
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる