トップページ > 最新情報 > FBI、iPhoneロック解除のためハッカーに1億円以上も払っていた!
2016年4月22日 17時48分

読了まで 26

FBI、iPhoneロック解除のためハッカーに1億円以上も払っていた!

FBI apple 1億円
 
昨年アメリカで発生した銃乱射事件の犯人が所有していたiPhone5cを解除するために、FBIハッカーに対して1億円以上も支払っていたことが分かりました。

1億円もハッカーに対し報奨金

先日、FBIがイスラエル企業Cellebriteの装置使用ではなしに、プロのハッカーを雇ってiPhoneをロック解除していたことが話題となったばかりですが、FBIのJames Comey長官が新たに明らかにしたところによれば、彼らハッカーに対してFBIは134万ドル(約1億4,600万円)以上も報酬を支払ったとのことです。
 
正確な額は明かされていませんが、同長官が「自分が残された任期(7年4ヶ月)に得る給与以上」と述べたことから、彼の18万3,000ドル(約2,000万円)から逆算して判明した模様です。

バックドアを設けさせるための心理戦?

結局大した情報が詰まっていなかったと目されている犯人のiPhone5cであるだけに、未曾有の額を供出する必要があったのか疑問が湧くところですが、Comey長官は「やるだけの価値があった」と強調しました。ただ、今後もアップルに解除要請を訴え続けることを明らかにしているFBIにとって、こうして莫大な費用を計上する羽目になったことをアピールするのは、世間の世論形成に向けた戦略の一貫と言えるのかもしれません。
 
しかし、「私たちはお客様のiPhone内にあるデータに関与してはいけないと考え、個人情報を私たち自身にも手の届かないところに置いています」とアップルCEOのティム・クック氏が述べたように、そもそも仮にアップルが要請に応じようと、iOS8以降はパスコードがかかったiPhoneをアップルが解除することは不可能のはずです。もし可能であれば、それは同社が脆弱性を認識しながら放置しているか、バックドアを設けていることになるためです。
 
したがって、FBIの協力要請とは端的に言えば、バックドアをiOSに仕込めという圧力にほかならないわけで、こうした動きが最終的に我々ユーザーのiPhoneにどのような影響をもたらすことになるのか、今後も要注目と言えるでしょう。
 
 
Source:Apple Insider
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる