トップページ > 最新情報 > iPhoneでの入力がもっと楽になる!便利な文字入力の小技9つ
2016年4月14日 17時00分

読了まで 319

iPhoneでの入力がもっと楽になる!便利な文字入力の小技9つ

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

文字入力 小技
 
iPhoneで文字を入力するとき、例えば「々」やいろんな記号など、ひと手間かかるなーと思うことはありませんか?実はiPhoneやiPadの純正キーボード入力では、文字入力が簡単になる小技があるのです。
 
この記事では、使いこなすと入力がより楽になる小技を紹介します!

日付や年数を簡単に入力!

例えばきょうを含めた直近の日付や年数を入力するとき、数字キーボードと日本語キーボードを切り替えていませんか?しかし予測変換で簡単に入力することができます。
 

文字入力 小技

  • 文字入力時に、
    「きょう」
    「あす」
    「きのう」
    「あさって」
    「しあさって」
    「おととい」
    と入力することで、西暦や年号も含めた日付表記が予測変換に表示されます
  •  

    文字入力 小技

  • 表示される日付の表記はこの通りです(本稿執筆現在の2016年4月13日に、「きょう」と打ち込んだ例です)
     
    ・4/13
    ・2016/04/13
    ・4月13日(水)
    ・2016年4月13日
    ・平成28年4月13日
    ・水曜日
  •  

    また、日付同様に、今年やここ数年の年数も、予測変換で簡単に入力することができます。
     

    文字入力 小技

  • 文字入力時に、
    「ことし」
    「らいねん」
    「きょねん」
    「さくねん」
    「さらいねん」
    「おととし」
    と入力することで、西暦および年号表記の年数が予測変換に表示されます
  •  

    時刻表記を簡単に入力!

    5:30や5時30分など、日付表記や時間も、予測変換で簡単に入力することができます。

     

    文字入力 小技

  • 文字入力時に、数字3~4けたを入力すると、日付表記や時間表記が予測変換に表示されます
  • たとえば「413」と入力した場合、
    ・4:13
    ・4時13分
    ・4/13
    ・4月13日
    と変換できます
  •  

    住所を簡単に入力!

    住所を入力したいとき、毎回煩わしいなと思いながら打ち込んでいないでしょうか。あるいはユーザー辞書に登録している人もいるかもしれません。しかし郵便番号さえ分かれば、住所を簡単に入力することができます。
     

    文字入力 小技

  • 文字入力時に、ハイフン込みで郵便番号を入力すると、画像のように変換候補に住所が表示されます
  •  

    記号を簡単に入力!

    よく使うかぎかっこや点々、波線など、いろんな記号も、わざわざ入力して変換しなくても、特定のキーをフリックするだけで簡単に入力できるものが多いです。
     

    文字入力 小技

  • かぎかっこ(「」)
    日本語キーボードで「や」を左右にフリックすると入力できます
  •  

    文字入力 小技

  • 点々(…)やチルダ、波線(~)
    数字キーボードで「0」を、上にフリックで「…」、左にフリックで「~」が入力できます
  •  

    文字入力 小技

  • ハイフン(-)やスラッシュ(/)
    数字キーボードで右下の「.,-/」キーを、上にフリックでハイフン、右にフリックでスラッシュ、左にフリックするとカンマ(,)が入力できます
  •  

    ほかにもある!入力の小技

    文字入力 小技

  • 「々」、「〒マーク」、「〆」
    数字キーボードで「8」を、上にフリックで「々」、左にフリックで「〒」、右にフリックすると「〆」が入力できます
  •  

    文字入力 小技

  • アルファベットの大文字入力
    英字キーボードの「↑」をタップすると、次に入力するアルファベットが大文字になります。しかし1字入力すると小文字に戻ります
  •  

    文字入力 小技

  • 連続してアルファベットの大文字を入力したいときは、「↑」キーをダブルタップすると表示が変わり、連続して入力できます。連続入力モードを解除するには「↑」キーを1回タップすると戻ります
  •  

  • アルファベットの大文字を連続入力するには、設定で「Caps Lockの使用」がオンになっている必要があります。ホーム画面から「設定」を起動し、「一般」→「キーボード」と進んで「Caps Lockの使用」をオン(緑)にしましょう
  •  
    なおあわせてチェックしたい小技として、入力していた文章を誤って消してしまったときなどに、iPhoneをシェイクすると元通りになるテクニックを紹介しています。こちらの記事もチェック!
     

  • 文章作成中にうっかり削除…でもiPhoneを振れば復活できる!
  •  
    これらの小技を使いこなして、iPhoneでの文字入力をより快適に・簡単にしましょう!
     
     
    (asm)

     


    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる