トップページ > 最新情報 > LINE、BOT開発が可能なトライアルアカウントを1万人限定で無償提供
2016年4月10日 15時20分

読了まで 26

LINE、BOT開発が可能なトライアルアカウントを1万人限定で無償提供

LINE
 
無料メッセージ&通話アプリLINEは、BOT開発が可能なトライアルアカウント「BOT API Trial Account」を先着1万名限定で無償提供すると発表しています。

「LINE BUSINESS CENTER」から登録で利用可能に

LINEは、メッセージングAPIのオープン化に先駆けて、BOTアカウントを自由に開発できる「BOT API Trial Account」の無償提供を開始しています。無償提供は先着1万人限定で、全世界のサードパーティデベロッパーを想定したものとなっています。
 
LINEでは、3月24日に開催した「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」において、ユーザーがLINEを起点に企業の様々なサービスを、これまで以上に便利に、簡単に、楽しく利用できるようになる世界の実現を目指し、「LINE」のビジネスプラットフォーム化に向けた「ユーザーと企業を繋ぐオープン化戦略」を発表しました。
 
その一環として、ユーザーと企業の更なるリアルタイムで親密なコミュニケーションの実現を目指し、多様なアカウント開発の促進を図るため、LINEのメッセージングAPIをオープンに提供していくと伝えていました。
 
「BOT API Trial Account」では、利用者が自社および個人で開発したシステム・サービスとLINEアカウントを連携させ、API形式でメッセージの送受信が可能なBOTアカウントを作成することができます
 
LINE
 
レストラン検索やスケジュールアプリと連携し予定通知やクーポン発行を行ったり、スマート家電などのハードウェア類と連携してLINEから操作を行うといった、CRMやIoTなどの多種多様な用途・分野で、様々なアカウントが生まれ実用化されることで、ユーザーもLINE上でこれまでにないサービスや機能提供を受けることが可能になります。
 
なかなかおもしろい取り組みだと思いますので、試してみたい方はLINEのビジネス向けポータルサイト「LINE BUSINESS CENTER」から利用登録を行い、BOTアカウントの作成・開発をしてみてください。
 
 
Source:LINE
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる