トップページ > 最新情報 > Appleのティム・クックCEO、人権保護団体の理事に就任
2016年4月7日 18時15分

読了まで 150

Appleのティム・クックCEO、人権保護団体の理事に就任

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

ティム・クックCEO
 
Appleティム・クックCEOが、アメリカの人権保護団体、ロバート・ケネディ・センターの理事に就任しました。

「ティムは正しいと信じることに誠実に取り組む人物」

ロバート・ケネディ・センターは、公民権運動に精力的に取り組んだ故ロバート・ケネディ司法長官の意志を継いで50年前に設立された、人権保護のための活動に取り組む国際団体です。
 
同センターは現地時間4月6日、Appleティム・クックCEOが理事に就任したことを発表しました。同センター代表のケリー・ケネディ氏は以下のようにコメントを発表しています。
 

ティムは、社会の中で声を上げられずにいる人々を擁護し、彼らの声を代弁することの重要性を熟知しています。彼は自身が正しいと信じることに誠実に取り組むことができる、高潔で、当センターの理念にふさわしい人物です。

以前よりチャリティオークションの収益を寄付、昨年には表彰

ティム・クックCEOは、以前より自身とランチを食べる権利などをチャリティオークションに出品し、収益をロバート・ケネディ・センターに寄付していました。
 
また、「世界の同性愛者の助けになれば」と、自身がゲイであることを公表した姿勢などが評価され、昨年には同センターから「希望のさざなみ賞」を授与されています。
 
世界の注目を集めた、FBIとのiPhoneのロック解除をめぐる争いでは、Appleの顧客であるユーザーのプライバシー保護を最優先する同社の姿勢を繰り返し、訴えていました。
 
 
Source:Robert F. Kennedy Center via MacRumors
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる