トップページ > iPhoneの使い方 > そのほかの標準アプリ > 【Tips】iPhoneでFace IDの認証がうまくいかないときの対処法
2019年8月29日 16時33分

読了まで 343

【Tips】iPhoneでFace IDの認証がうまくいかないときの対処法

iPhoneやiPad ProでFace IDがうまくいかない

A.

一部のiPhone、iPad Proでは、顔認証システムFace IDが採用されていますが、認証がうまくいかない場合やパスコードの入力を要求される場合があります。そんなときの対処方法をご紹介します。

 
Face IDで再スキャンしてみる
認証がうまくいかないときのチェック項目
 

Face IDで再スキャンしてみる

  • ロック画面や購入時の認証、アプリにサインインする際にFace IDでの認証が行われます。画像はロック画面の場合で、認証に成功した際は時刻表示の上に表示されるカギマークが空いている状態(ロックが解除されている状態)となります
  •  

  • うまく認証できなかった場合は、画像のようにパスコードを入力する画面が表示されます。このときに下部から上へスワイプすると再度Face IDの認識画面になります
  •  

  • ただし次のようなときにも、Face ID認証の際にパスコードを要求される仕組みです
  • ・端末の電源を入れた直後や再起動したとき
    ・端末のロックが48時間以上解除されていないとき
    ・端末のロック解除に過去6日半パスコードを使っておらず、過去4時間にFace IDでロック解除していないとき
    ・端末でリモートのロックコマンドを受信したとき
    ・Face IDの顔認証に5回失敗したとき
    ・音量ボタンとサイドボタンを同時に2秒間押して電源オフ、緊急SOSを作動させたあと
     

    認証がうまくいかないときのチェック項目

    Face IDの再スキャンでもうまくいかなかった場合は、以下の項目をチェックしましょう。
     

  • iPhoneやiPadのiOSバージョンを最新にする
  • Face IDが有効になっているか設定を確認する
  • インカメラが何かで覆われていないか確認する
  • 顔が何かで覆われていないか確認する
  • インカメラを顔に向けているか確認する
  • もう一つの顔パターンを登録する
  • Face ID設定をリセットする
  •  

    iPhoneやiPadのiOSバージョンを最新にする

     
    使用しているiPhone、iPad Proに搭載されているiOSのバージョンが最新でない場合は、最新バージョンにアップデートしましょう。
     

    Face IDが有効になっているか設定を確認する

     
    設定アプリからFace IDの項目を確認し、Face IDを設定しているか、またFace IDの使用可能項目で認証したい機能がオンになっているかを確認しましょう。
     

    インカメラが何かで覆われていないか確認する

     
    Face IDは、インカメラ(前面カメラ)部分のセンサーを使って認証する仕組みですので、カメラ部分がケースや液晶フィルムで覆われていたり、手などで覆っていたり、ゴミやホコリなどがたまっているとうまく認識できません。
     
    また、iPad Proの場合は、横向きにしているときに指などで覆ってしまうと、画面上部に「カメラが覆われています」という警告が表示されるようになっています。
     

    顔が何かで覆われていないか確認する

     
    Face IDでは、目と鼻と口を認識して識別するため、例えばマスクなどで覆ってしまうとうまく認識されない可能性が高いです。サングラスやメガネは基本的にはうまく認識できるよう設定されていますが、特定の光をカットする偏光サングラスの場合は、センサーの赤外線をさえぎる可能性があります。その場合はサングラスを外して認証してみましょう。
     

    インカメラを顔に向けているか確認する

     
    Face IDの認証で使用するのは、背面のカメラではなく、画面側の前面カメラです。iPhoneの場合は縦向きで顔がインカメラに向いているときに認証されます。iPadでは向きは縦横どちらでも認証できます。
     
    画角は自撮り撮影をしたりFaceTime通話をするときとほぼ同じため、iPhoneやiPadと顔の距離は、顔から腕の長さ程度かそれより近い距離(おおよそ25cm~50cm)に離すようにするとうまく認識できるかもしれません。
     

    もう一つの顔パターンを登録する

     
    Face IDがはじめて登場したiOS11の時点では登録できる顔パターンは1種類のみでしたが、iOS12以降ではもう一つの顔パターンが登録できるようになりました(合計2種類)。Face IDは利用するほどにユーザーの顔パターンを機械的に、継続的に学習する仕組みですが、もう一つの顔パターンを登録することで認識がうまくいかないのを改善できるかもしれません。
     

  • 【Tips】iPhoneのFace ID認証用の顔登録を増やす方法
  •  

    Face ID設定をリセットする

     
    それでもうまくいかない場合は、Face IDの設定を一度リセットしてみましょう。設定アプリからFace IDの設定を開き、「Face IDをリセット」を選ぶとFace IDの設定だけを初期化できます。
     
     

    --PR--

    [公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


    → ソフトバンクオンラインショップ


    → auオンラインショップ


    → ドコモオンラインショップ


    → 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる