【iOSショートカット】URLをリーティングアプリに保存してあとで読む - iPhone Mania
トップページ > iPhoneの使い方 > ショートカット > 【iOSショートカット】URLをリーティングアプリに保存してあとで読む
2021年9月18日 09時00分

読了まで 225

【iOSショートカット】URLをリーティングアプリに保存してあとで読む

 
 


iOS13から標準インストールのアプリとなった「ショートカット」は、よく使う機能やさまざまな操作を自動化して実行させる機能です。
 
今回ご紹介する「あとで読む」は、URLを任意のリーディングアプリに保存してあとで読むことができる便利機能です。
 
「あとで読む」の実行方法と、設定方法を解説します。

「あとで読む」を実行する手順

1
ショートカットアプリを起動する

  • 「ショートカット」アプリをタップします
  •  
     

    2
    ショートカットのギャラリーを選択する

  • すべてのショートカットの「ギャラリー」をタップします
  •  
     

    3
    「あとで読む」を表示させる

  • 「あとで読む」カテゴリーの「あとで読む」をタップします
  •  
     

    4
    マイショートカットに追加する

  • 「ショートカットを追加」をタップします
  •  
     

    5
    「あとで読む」を実行する

  • マイショートカットから「あとで読む」をタップします
  •  
     

    6
    リーディングリストを選択する

  • 「どこに保存しますか?」で表示される一覧からアプリを選択します
  •  
     

    7
    アクセスを許可する

  • 「アカウントへのアクセスを求めています」の表示で「OK」をタップします
  •  
     

  • 「リンクが保存されました!」の表示が出ます
  •  
     

    8
    保存したいURLを開く

  • リーディングリストに保存したいURLをSafariで開きます
  •  
     

    9
    アクションを表示させる

  • アクションのアイコンをタップします
  •  
     

    10
    URLをリンクに追加する

  • 表示された一覧から「Save to 【リーディングアプリ名】」をタップします
  •  
     

  • リーディングアプリのマイリストにURLが追加されます
  •  
     

    ショートカットの実行方法

    作成したショートカットの実行方法には「ホーム画面にアイコンを追加する」「ウィジェットに登録する」「Siriショートカットを設定する」と3種類あります。
     
    ホーム画面にアイコンを追加する方法では、ホーム画面にアプリのようなショートカット実行用アイコンを追加でき、タップしてすばやく起動できます(ホーム画面に追加する方法解説記事)。
     
    iPhoneのウィジェット機能では、ショートカットの項目を追加することですばやく起動できます(ウィジェットに追加する方法解説記事)。
     
    Siriに音声で呼びかけて実行する「Siriショートカット」による起動も可能です。Siriショートカットの基本機能・設定解説記事Siriショートカットの作成方法記事もあわせてご参照ください。
     
     
    (ryou)
     
     

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる