トップページ > 最新情報 > Safariを利用中に表示される広告についての設定
2017年3月1日 00時00分

読了まで 247

Safariを利用中に表示される広告についての設定

iPhoneを利用中に表示される広告の設定をしたい

A.

iPhoneでブラウジングをしているときなどに、位置情報サービスを利用したiAd(Apple Ad)などの広告が表示される場合があります。また自分に関連のある広告を表示する追跡型広告(ターゲティング広告)などがありますが、これらは設定アプリから受信しない設定にすることが可能です。

 
位置情報を利用した広告をオフにする
追跡型広告をリセットする・制限する
Appleが追跡型広告の配信に使用している情報を表示する
 

位置情報を利用した広告をオフにする

かんたんステップ

3ステップ
約5分
  • STEP1

    「設定」→「プライバシー」

  • STEP2

    「位置情報サービス」→「システムサービス」

  • STEP3

    「位置情報に基づくApple Ads」をオフにする

1
設定アプリを起動し、位置情報サービスの設定画面に入る
iPhoneの説明書 プライバシー 位置情報サービス

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「プライバシー」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 プライバシー 位置情報サービス

  • 「位置情報サービス」をタップします
  •  

    2
    広告表示設定をオフにする
    iPhoneの説明書 プライバシー 位置情報サービス

  • 一番下までスクロールし、「システムサービス」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 プライバシー 広告

  • 「位置情報に基づくApple Ads」をオフ(白)にします
  •  

     

    追跡型広告をリセットする・制限する

    かんたんステップ

    3ステップ
    約10分
    • STEP1

      「設定」→「プライバシー」→「広告」

    • STEP2

      「追跡型広告を制限」をオンにする

    • STEP2

      「Advertising Identifierをリセット」する

    1
    設定アプリを起動し、広告の設定画面に入る
    iPhoneの説明書 プライバシー 位置情報サービス

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「プライバシー」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 プライバシー 広告

  • 下までスクロールし、「広告」をタップする
  •  

    2
    追跡型広告を制限する
    iPhoneの説明書 プライバシー 広告

  • 「追跡型広告を制限」をオン(緑)にします
  • 制限をオンにすると、配信される広告数に変化がない場合がありますが、広告内容は、自分に関連のあるものは少なくなります
  •  

    3
    追跡型広告のもととなるデータを消去する
    iPhoneの説明書 プライバシー 広告

  • 自分に関連のある広告は、蓄積されたデータをもとに、より関心を引きそうなものをシステムが分析していきます。このような、自分に関連のある広告を絞り込むために利用されるデータを消去するには、「Advertising Identifierをリセット」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 プライバシー 広告

  • 「IDをリセット」をタップすると、追跡型広告のもととなるデータを消去できます
  •  

     

    Appleが追跡型広告の配信に使用している情報を表示する

    iPhoneの説明書 プライバシー 広告

  • Appleは、より関連性の高い広告を配信するために、追跡型広告のもととなる情報を利用しています。この広告配信に関する情報を表示したい場合は、「広告の情報を表示する」をタップします
  •  

    iPhoneの説明書 プライバシー 広告

  • また、広告とプライバシーの詳細については、下部の「広告とプライバシーについて」をチェックしましょう
  •  

     

    カテゴリ : 最新情報, 準備・基本設定  タグ :

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる