トップページ > iPhoneの使い方 > iOS11新機能 > 【iOS11】これまでに入手した購入済みアプリを確認する方法
2018年7月2日 15時42分

読了まで 28

【iOS11】これまでに入手した購入済みアプリを確認する方法

Twitter

Twitter

pocket

Pocket

iOS11で、購入済みアプリの項目がなくなってしまった

A.

iOS10以前は、これまで入手した「購入済みアプリ」の項目は、App Storeのアップデートのタブに、新しいバージョンがリリースされたアップデート情報とともに表示されていました。しかしiOS11ではApp Storeのデザインや機能が一新されており、アップデートのタブにはバージョンアップ情報しか表示されていません。
 
iOS11で購入済みアプリの項目はなくなったのではなく、アカウント情報内に移動されています。

iOS11で購入済みアプリを確認する方法

購入済みアプリ iOS11 App Store

  • ホーム画面から「App Store」を起動し、Todayやゲームなどのいずれかのタブで、右上に表示されている人物のマークをタップします
  •  

    購入済みアプリ iOS11 App Store

  • アカウント情報が表示されます。アカウント情報にはApple IDの登録情報、購入済みアプリ、ウォレット残高へのチャージなどが集約されました。「購入済み」をタップします
  •  

    購入済みアプリ iOS11 App Store

  • 購入したものすべてのページが表示されます。ファミリー共有をオンにしている場合は、各メンバーごとの購入したアプリを確認でき、自分の購入済みアプリは「自分が購入したApp」をタップして確認しましょう
  •  

    購入済みアプリ iOS11 App Store

  • これまでに入手したアプリの一覧と入手した日付が確認できます。上部の「すべて」「このiPhone上にない」をタップすると、現在iPhone内にある・ないで切り替えることができます
  • 右側に「開く」と表示される場合はiPhone内にあるアプリで、雲のマークが表示される場合は過去に入手したが現在はiPhone内にないアプリです。雲のマークをタップすると再ダウンロードできます
  •  

    購入済みアプリ iOS11 App Store

  • iOS10以前の場合は、App Storeのアップデートタブ上部に「購入済み」項目が表示されていました
  •  

     

    Twitter

    Twitter

    pocket

    Pocket

    ▼ 最新情報を受け取る

    Twitterで最新情報をみる
    Facebookで最新情報をみる
    IMアプリをインストールする
    feedlyで最新情報をみる