【iOS16版】iPhoneのカメラでQRコードを読み取る方法

    マニュアル サムネ 機能
    目次

    iPhoneやiPadの標準カメラアプリを使ってQRコードを読み取りたい

    A.

    iOSの標準カメラアプリでは、これまでQRコードの読み取りに対応していませんでした。そのためQRコードをiPhoneなどのiOS端末で読み取る場合は、App Storeに多数公開されているサードパーティーアプリが必要でした。
     
    iOS11以降を搭載する端末の標準カメラアプリには、QRコードの読み取り機能が搭載されました。設定アプリでカメラでのQRコードスキャン機能をオンにするだけですぐに利用できます。

     
    標準カメラアプリでQRコード読み取りを利用する手順
    標準カメラアプリでQRコードを読み取ってみる
     

    使い方解説動画でチェック!


     

    iOS11で標準カメラアプリのQRコードスキャンを有効にする手順

    かんたんステップ

    2ステップ
    約3分
    • STEP1

      「設定」→「カメラ」

    • STEP2

      「QRコードをスキャン」をオン

    1
    設定アプリから、カメラの設定を開く

  • ホーム画面から「設定」を起動し、「カメラ」をタップします
  •  

    2
    QRコードでのスキャンを有効にする

  • カメラの設定項目が表示されます。利用している端末によって表示項目は異なりますが、「QRコードをスキャン」の項目をオン(緑)にすると、標準カメラアプリでQRコードの読み取りが可能になります
  •  

     

    標準カメラアプリでQRコードを読み取ってみる

    使い方 iOS11 カメラ QRコード

  • ホーム画面などから標準カメラアプリを起動します。QRコードスキャンの設定を有効にしていれば、撮影画面内にQRコードを収めるだけで読み取りを開始します
  •  

    使い方 iOS11 カメラ QRコード

  • シャッターボタンで撮影する必要はありません。鮮明に判別できるQRコードを撮影画面内に収めるだけで読み取ります
  • 使用したこちらのコードはiPhone ManiaのサイトURLをQRコードにしたもので、読み取りが完了すると上部に、読み取ったサイトをそのままSafariで開くかどうかの通知が表示されました
  •  

    使い方 iOS11 カメラ QRコード

  • 上部の通知をタップすると、そのままSafariでQRコードに記載されたサイトが開かれます
  •  

  • iOS端末の標準カメラアプリで読み取れるQRコードでは、さまざまな活用例があります。上記の例のようにWebサイトをSafariでそのまま開いたり、HomeKit対応機器の初期設定を行ったり、連絡先を交換したり、マップアプリで表示できる位置情報を共有したり、さらに電話番号をQRコードにして読み取れば、ダイヤルキーをタップすることなく電話を発信することもできます
  • iPhoneの標準カメラ対応!QRコード活用例10選
  •  

     

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    前職は新聞社の校閲記者。経験を活かし2013年からライター、2016年から編集記者として活動中。iPhone歴は3GS→5s→6s Plus→X→11 Pro Max→12 Pro→14 Pro。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次