トップページ > iPhone7 > iPhone7のバッテリー持続時間、4機種中最下位という結果に
2016年10月3日 20時43分

読了まで 210

iPhone7のバッテリー持続時間、4機種中最下位という結果に

バッテリー which iPhone7
 
イギリスの消費者団体Which?が、バッテリーがどのくらい長持ちするかの比較実験をiPhone7、Samsung Galaxy S7、HTC 10、LG G5の4モデルで行ったところ、iPhone7の持ちが一番悪いという結果となりました。

通話時間とWebブラウズ時間を実験

Which?は、まず完全にバッテリーを放電させてからフル充電し、3G回線での通話時間、3G回線でのWebブラウズ時間を、独自のネットワークシミュレーターを使って測定しました。すべてのテストでシグナルが同じ強さになるようにし、また画面の明るさも同じレベルに調整しています。
 
通話は連続して行い、またブラウズ時間の測定については特別に設置した同じWebページにアクセスしています。
 
iPhone7はiOS10、ほか3台のスマートフォンはMarshmallow 6.0を搭載しています。

iPhone7の通話時間、他モデルの半分以下

通話時間の実験では、iPhone7は712分で、3位のSamsung Galaxy S7の1,492分の半分にも届かないという結果となりました。もっとも長持ちしたHTC 10は1,859分で、iPhone7とではなんと19時間もの差がついています。
 
インターネット利用では通話ほどの差はないものの、やはりiPhone7が615分で最下位となりました。

理由はバッテリー容量

iPhone7のバッテリーの持ちが悪い理由についてWhich?は、最大の理由は言うまでもなく、iPhone7のバッテリー容量が、他のスマートフォンと比べ小さいためだと説明しています。
 
ちなみにiPhone7のバッテリー容量は1,960mAhですが、HTC 10のバッテリー容量は3,000mAhです。この数字を見れば、iPhone7のバッテリー持続時間がHTC 10と比べ短いのは、むしろ納得というところでしょう。
 
もちろんバッテリー持続時間がスマートフォンを選ぶ理由のすべてではありませんが、ユーザーが重視しているのも事実です。先日発表された調査でも、アメリカの消費者がiPhone7/7 Plusへ買い替えた理由の1位が、バッテリー駆動時間の向上だったことがわかっています。
 
which iphone7 battery
 
 
Source:Which? via Betanews
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる