Apple、iOS18のAI機能にMetaの技術を採用する可能性

meta ai

The Wall Street Journalによると、AppleMetaApple Intelligence機能でのコラボについて協議を行ったとのことです。このことから、MetaのAI技術がiPhoneで使用できるようになる可能性が浮上しました。

【追記】Appleのプライバシー上の懸念からMetaとのコラボ案は頓挫したと新たに報じられています。

目次

話し合いは決裂する可能性も

Metaは自社大規模言語モデル「Llama 2」を2023年7月にローンチし、今年4月には最新バージョン「Llama 3」をリリースしています。

Apple Intelligenceでは、OpenAIのChatGPTがオプションで使用できることが明かされましたが、MetaのAIモデルも第3の選択肢として使用できるようになるかもしれません。

WSJの報道によれば、話し合いはまだまとまっておらず、決裂する可能性も十分あるとのことで、MetaのAI技術のiPhone統合が実現するかどうかは今のところ未知数です。

絶対にやめてとの意見も

AppleとMetaとのコラボ報道に関して多くの意見が寄せられており、多くの人が「頼むからやめて」と交渉決裂を懇願しています。

というのも、MetaはWhatsAppのプライバシー騒動など、ユーザーデータを糧にして収益を得るビジネスモデルで知られているからです。

もしiPhoneにMetaのAI技術が統合されてしまった場合、iPhoneのプライバシーに支障をきたすと考えている人が結構いるようです。

機能はオプトインで提供される可能性大

もしAppleがMetaと公式にコラボすることになった場合でも、おそらく機能はオプトイン(オン/オフをユーザーが選べる)になると予想されます。AppleはChatGPTの提供に際しても同じような方針を取っていることから、MetaのAIでも同様に行う可能性は高そうです。

AppleはGoogleをSafariのデフォルト検索エンジンとして据えることで多額の利益を得るなど、本当にプライバシー推しなのかと疑いたくなるような側面が前からあることで知られているため、Metaとのコラボも可能性としては十分考えられるのではないでしょうか。

Source: WSJ via MacRumors (1), (2)

Photo: Meta

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

特集

目次