トップページ > 最新情報 > 正月三が日、CM好感度1位は2年連続auが獲得

読了まで 21

正月三が日、CM好感度1位は2年連続auが獲得

Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

au CM 三太郎
 
CM総合研究所は、2016年年始のCMオンエア状況と、年末年始のCM好感度ランキング上位の顔ぶれをレポートしています。
 
年初のCM好感度は、KDDI/auが2年連続で首位を獲得する結果となっています。

三が日CM、元日のCM誕生数は増加

2016年の元日に誕生した新CMは98作品で、前年より11作品増加したほか、三が日では164作品の新CMが放送され、3年ぶりに増加しました。
 
三が日の銘柄別放送回数TOP3は、ソフトバンク/SoftBank(260回)、Cygames/グランブルーファンタジー(203回)、ELEX Wireless/クラッシュオブキングス(186回)の順で、企業別でもソフトバンク(301回)が最多、以下スズキ(281回)、ダイハツ(251回)が続き、昨年同様に携帯キャリアやスマートフォン向けゲームアプリ、自動車系の積極的な出稿がみられたと報告されています。

年初のCM好感度、KDDI/auが2年連続で首位獲得

2016年1月前期の銘柄別CM好感度(1月4日実査)においてオンエアされた全2,384銘柄中の1位はKDDI/auとなりました。
 
「三太郎」シリーズが引き続き好調で、2015年の年間ランキングでは歴代最高となるCM好感度を記録したことはご紹介した通りです。
 
元日からは「みんながみんな英雄。」をテーマに、「三太郎」シリーズの全キャストが出演する新作をオンエアし、『おむすびころりん』『鶴の恩返し』『シンデレラ』などさまざまな昔話やおとぎ話の名場面を、AIの歌声を乗せたオムニバスドラマで表現しています。
 

 
以下、2位はソフトバンク/SoftBank、3位は日本郵便/お年玉付年賀はがきが続いています。
 
auのCMが好調ですね。以前はソフトバンクがCM好感度No.1を獲得していましたが、三太郎シリーズの開始以降、auがこれを逆転する結果となっています。
 
 
Source:CM総合研究所
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,
いつもシェアありがとうございます
Twitter

Twitter

Google+

g+

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる