Apple、エリザベス女王をトップページで追悼。クックCEOもお悔やみ - iPhone Mania
トップページ > 最新情報 > Apple、エリザベス女王をトップページで追悼。クックCEOもお悔やみ
2022年9月9日 09時17分

読了まで 214

Apple、エリザベス女王をトップページで追悼。クックCEOもお悔やみ

Apple エリザベス女王 追悼


 
英国のエリザベス女王の逝去を受け、Appleの公式Webサイトはトップページに女王の写真を掲載し、追悼しています。ティム・クック最高経営責任者(CEO)もお悔やみを述べています。

新製品情報取り下げ、トップページで追悼

Appleは、同社のアメリカとイギリス版Webサイトのトップページを、現地時間9月8日に亡くなったエリザベス女王を追悼する内容に差し替えました。
 
トップページには、1952年に撮影されたエリザベス女王の写真が大きく掲載され、発表されたばかりのiPhone14などの新製品情報の掲載は中止されています。

クックCEO「生涯と献身に敬意」

Appleのティム・クックCEOは、エリザベス女王の訃報が伝えられた数時間後、以下のお悔やみの言葉をTwitterに投稿しています。
 

他者のために人生を捧げることほど、崇高なことはありません。私たちは、英国連邦の人々と共に、エリザベス二世女王陛下の生涯と献身に敬意を表します。どうぞ安らかにお休みください。

 


 

ジョナサン・アイブ氏らは女王から称号授与

Appleには、女王から名誉ある称号を授けられていたイギリス出身の元役員もいます。
 
Appleで最高デザイン責任者(CDO)を務めたジョナサン・アイブ氏(2019年退社)が「Sir(サー)」の称号を、小売部門のトップだったアンジェラ・アーレンツ氏(2019年)は「Dame(デイム)」の称号を、それぞれ与えられています。
 
最後になりましたが、エリザベス女王のご冥福をお祈りいたします。
 
 
Source:Apple US, Apple UK, Tim Cook/Twitter, MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる