トップページ > 最新情報 > Google アシスタントを搭載したレトロ調スマートスピーカー「SpeakEasy」とは?
2018年5月2日 06時12分

読了まで 29

Google アシスタントを搭載したレトロ調スマートスピーカー「SpeakEasy」とは?

Twitter

Twitter

pocket

Pocket


 
GoogleのAIアシスタント、Google アシスタントが搭載されたレトロデザインのスマートスピーカー「SpeakEasy」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しました。過去にキャンペーンを成功させたことで知られるComo Audioの最新製品です。

レトロな見た目でもAIアシスタントを搭載

Como Audioは2年前にGoogle CastやSpotifyなどが搭載されたBluetoothスピーカー「Solo」でKickstarterキャンペーンを成功させました。「Solo」は、同社の最高経営責任者(CEO)トム・デベスト氏が2000年に起ち上げたスピーカー企業Tivoli Audioのレトロ調デザインを受け継ぐものとなっており、Amazonのレビューでも高い評価を獲得しています。
 

Como Audioの「Solo」


 

Tivoli Audioの「Model One BT」


 
そんなComo AudioがKickstarterで現在キャンペーンを行なっている「SpeakEasy」は、レトロなデザインながら、バーチャルアシスタントのGoogle アシスタントが搭載されているスマートスピーカーです。デジタル時計が絶妙なレトロ感を演出しています。バッテリーも搭載されており、最大8時間まで電源なしでも動作するとのことです。
 

 

「SpeakEasy」の裏面


 
現在、48時間限定の早期購入価格が199ドル(約21,860円)となっており、2018年11月の発送が予定されています。
 
 
Source:Kickstarter via The Verge
Photo:Tivoli Audio, Kickstarter
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : ,
Twitter

Twitter

pocket

Pocket

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる