トップページ > 近傍磁界共鳴

近傍磁界共鳴

近傍磁界共鳴(near-field magnetic resonance)とは、Appleが2010年に取得した特許に使用されている技術のこと。この技術を用いて、1メートルの距離がある状態でiMacを充電ハブのように使える。この延長に、数ミリメートルの空隙がありながら充電できるApple Watchがあるとされています。