Apple Watchの使い方、「電話に出ない」が「電話に出る」を大きく上回る



 

Apple Watchユーザーがよく使う機能を調査した結果によると「Apple Watchで電話に出る」よりも「Apple Watchで着信を知っても、電話には出ない」が大幅に上回っていることが分かりました。

「電話に出ない」が約80%、「電話に出る」は約50%

Apple Watchユーザーに、週に1度以上使う機能を尋ねた結果を調査会社Creative Strategiesのアナリスト、ベン・バジャリン氏が公開しました。

 

用途のトップは「メッセージの確認」で、バッグやポケットからiPhoneを取り出さなくてもApple Watchでメッセージを確認できるメリットを多くのユーザーが感じていることが分かります。

 



 

興味深いのは2位の、「電話の着信に出ない」です。約80%のユーザーがApple Watchで着信を知った電話に出ずに切る使い方をしています。

 

なお、「Apple Watchで電話に出る」は10位で、該当するユーザーは50%程度にとどまっています。

上位にはヘルスケア関係の用途が並ぶ

上位にはこのほか「アクティビティの詳細を確認」「ワークアウトを確認」「心拍数を確認」といった、ヘルスケア関係の使い方が並んでいるほか、「メール通知を確認」「リマインダのセット」など日常生活を便利にする使い方も並んでいます。

 

なおバジャリン氏は「時刻を確認する」は明らかに100%になるので対象から除外した、と説明しています。

 

I didn’t include because it would be 100%. We were more interested in non-obvious use cases.

— Ben Bajarin (@BenBajarin) 2018年10月3日



 

Apple Watchを持つとiPhoneに無頓着になる?

また、40%強のユーザーが「Apple Watchを使ってiPhoneを探す」を挙げ、13位にランクインしていることについて、Twitterでは「そんなに頻繁にiPhoneが行方不明になるのか?」「Apple Watchを持つとiPhoneに無頓着になるのかもしれない」などと話題になっています。

 

40% on a weekly basis need help finding their phone?!?!

One potential impact here is that, when you have the watch, you stop caring as much about your phone. I don't have the watch, so I basically never forget where my phone is.

— Chris Hoover (@choovertweets) 2018年10月3日



 

米メディアCult of Macは、Apple Watchはまだ発展途上分野の製品であるため、予想外の使い方がされるのも頷ける、とコメントしています。

 

なお、初代Apple Watch発売から約半年後の2015年の11月に発表された、Apple Watchユーザーの利用状況を分析した調査結果では、頻度の高い使い方は「時計を見る」と「通知を見る」に集中していたのと比べると、今回の調査結果ではApple Watchの用途が多様化していると言えそうです。

性能アップを果たしたApple Watch Series 4

9月に発売されたApple Watch Series 4は、従来モデルよりも高速処理が可能となっており、大画面化したことで表示できる情報量が増えたほか、転倒した際には緊急通報する機能なども追加されています。

 

watchOS 5ではメッセージに含まれたリンクから、Apple Watch単体でWebページを開いて閲覧することも可能になっています。

 

 

Source:Ben Bajarin/Twitter via Cult of Mac

(hato)

--PR--
[公式] - 新型iPhoneの予約はオンラインで確実に!
→ ソフトバンクオンラインショップ

→ auオンラインショップ

→ ドコモオンラインショップ