トップページ > iPad > Apple、新年にiPhone/iPadを用いた写真やスケッチのワークショップを開催
2015年12月31日 17時59分

読了まで 147

Apple、新年にiPhone/iPadを用いた写真やスケッチのワークショップを開催

Apple ワークショップ 


 
Appleは、以前からiPhoneやiPadを芸術や美術・音楽の分野に活用する取り組みを続けていますが、ニュースメディア『9to5Mac』はAppleが新年早々にiPhone/iPadを用いた写真やスケッチのワークショップを開催するようだと伝えています。

“Start Something New(新しい何かを始めよう)”キャンペーンの一環として実施

前時代的な考え方なのかもしれませんが、モバイルデバイスと言えばあくまで電話やゲームを楽しむためのツールであるというイメージがありますが、このところのAppleの動きを見ていると、どうも同社はそのような既成概念を払拭したいようです。
 
『9to5Mac』によりますと、Appleは“Start Something New(新しい何かを始めよう)”キャンペーンの一環として、Apple Storeの店内でワークショップを設け、iPhoneやiPadが芸術の分野に利用できるツールであることを伝えようとしているようです。
 
今回の試みは世界的に繰り広げられ、アメリカ、イギリス、日本をはじめ、オランダやニュージーランド、フィリピンなど様々な国で実施されることが伝えられています。
 
以前、AppleはiPhone6で撮影した美しい写真の数々や、映像の数々を紹介する取り組み「iPhone6で撮影」を実施していますが、Appleファンとしてはいつの日かiPhoneでこのようなプロ並みの写真や映像を撮ってみたいものですね。
 
 
Source:9to5Mac
(クロス)

カテゴリ : iPad, 最新情報  タグ :

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる