2015年12月9日 07時52分

読了まで 144

Appleのマップアプリ、iOSデバイスではGoogle Mapsより人気に

Google Maps Apple Maps


 
AppleのであるApple Mapsといえば、リリース当初あまり評判が良くなかったことで知られていますが、現在では改良され、かなり評判が高まっています。
 
そうした状況もあってか、iOSデバイスでは Mapsと比較して3倍以上多く使われていることが『The Boston Globe』の報道で分かりました。

iOSデバイス以外を含めると、Google Mapsがリード

『The Boston Globe』の報告によりますと、現在から毎週約50億リクエストがあり、これはライバルであるGoogle社が提供するGoogle Mapsと比較して3倍多い数になっていると伝えられています。Appleのマップアプリは、リリース当初存在しない道が存在していたりと、その精度が問題視されていましたが、現在ではiOSデバイスユーザーの信頼を勝ち得ているようです。
 
ただし、マップアプリのシェアとしてはAndroidも含めるといまだGoogle Mapsの方が高く、10月時点においてその差は2倍であると伝えられています。
 
今のところ、Google Mapsでできる乗り換え検索が日本で提供されているApple Mapsでは非対応であったりと、国内においては不便もありますが、日々進化していることは確かですので、今後のさらなる発展に期待しましょう。
 
 
Source:9to5Mac
(クロス)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる