トップページ > Apple Watch > iPhone8に向けて?LG、5,000億円かけてOLEDディスプレイ工場を新建造
2015年11月22日 20時21分

読了まで 151

iPhone8に向けて?LG、5,000億円かけてOLEDディスプレイ工場を新建造

LGDisplay
 
LG Displayは新たに韓国の坡州に42億ドル(約5,040億円)投じ、OLEDディスプレイの生産工場を建設する予定であることが判明しました。アップルからの需要に応えるためと見られています。

新たにOLEDディスプレイが採用される製品は?

LG Displayが42億ドル(約5,040億円)かけて新たに建設する工場では、2017年より生産が開始される見込みで、主要クライアントはアップルになるとされています。
 
現在、アップルはApple Watchこそ有機ELのOLEDディスプレイを用いていますが、iPhoneなど大半のアップル製品はLCDディスプレイです。
 
また、iPhone7も有機ELになりそうにもないことiPhone8のパネル供給のためとしてFoxconnが液晶ディスプレイの工場を建設する見通しであることから、仮にアップルが主要クライアントだとすれば、果たしてディスプレイを独占供給しているApple Watch以外に、一体どの製品がOLEDになるのかは不明です。
 
OLEDはバッテリー消耗度や耐久性という点でLCDよりも優秀ですが、コストが高いことが難点です。しかしそのコストも、数年以内に下がるとされており、将来的にはiPhoneにも用いられるのではないかとの観測も出ていることは事実です。
 
2017年より生産開始とすれば、ちょうど時期的にiPhone7sのリリースと重なるだけに、iPhone7sやiPhone8が有機ELになる可能性はまだまだ捨て切れません。サプライヤーの動きは流動的なため、引き続き続報を注視したいところです。
 
 
Source:新浪科技
(kihachi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる