トップページ > 最新情報 > Apple Pencil、分解レポートにより修理は実質不可能と判明
2015年11月20日 08時05分

読了まで 140

Apple Pencil、分解レポートにより修理は実質不可能と判明

Apple Pencil
 
Apple製品の分解レポートで有名なiFixitが、iPad Pro向けに販売されているApple初のスタイラスペン「Apple Pencil」の分解レポートを公開しています。

自身での修理はほぼ不可能

 

 
昨日、Apple Pencilの耐久性テストに関する映像を紹介しました。結果として、Apple Pencilは端子にかかる力を逃がす構造となっており、簡単には曲がらないことが判明しましたが、仮に壊れてしまっても自身で修理することはほぼ不可能であることがiFixitの分解レポートにより判明しました。修理のしやすさを決める10段階評価では「1」と、最も分解が難しいという評価を得ており、一般人では内部を見ることすら厳しそうです。
 
ほかに判明したこととして、「Apple Pencil」の内部にはわずか0.329Whという超微小なリチウムイオンバッテリーが搭載されており、そのバッテリー容量はiPhone6sの5%しかありません。また、Apple Pencilにはロジックボードも内蔵されており、その重さはたった1gでした。iFixitによれば、Apple Pencilに搭載されているロジックボードは、これまで分解したデバイスの中で最も小さいものだったそうです。
 
 
Source:iFixit
(クロス)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる