トップページ > 最新情報 > 中国では結納品としてiPhone6sを要求される?
2015年11月19日 17時43分

読了まで 154

中国では結納品としてiPhone6sを要求される?

iphone6s ローズゴールド 人気
 
世界中でカップルの頭を悩ます「結納」問題ですが、これは中国でも同じです。最近でも安徽省霍邱の男性が女性側への結納品、計13万元(約260万円)分を用意できずに飛び降り自殺した事件をきっかけに、社会問題として議論が巻き起こっています。
 
特に農村地帯の広がる安徽省では、結納の風習がまだまだ色濃く残っており、金のネックレスや指輪、ブレスレットのほか、最近ではiPhoneも結納品として要求されるケースがあるようです。

スマホは結納の「標準装備」

安徽省の淮北市に住む李翔さんは、2015年10月に結婚したばかりですが、とにかく淮北の結婚ルールには参ったと言います。「この2年でどこから来たのか分からないような新ルールが追加されており、結婚にはお決まりのプレゼント以外に、新郎側は新婦に対してその年の最新のiPhoneを買わなければいけないという規則まであった
 
さすがに眉唾ものであるうえ、なぜiPhoneなのかと最初は悩んだものの、周りにいる同年代の友達数人に尋ねたところ、皆が口をそろえてスマートフォンは結納品の「標準装備」だと回答したとのことです。

iPhone信仰が強い中国ならでは?

ブランド信仰が強い中国において、アップル製品の人気が特に高いことを考えれば、田舎でiPhoneが贈り物の1つとして数えられるのも不思議ではありません。
 
これまでも当サイトでは、腎臓を売ってまでiPhone6sを手に入れようとした青年や、iPhoneを買ってくれない母親を叱責する子供とされる画像など、さまざまな中国の「アップルファン」を紹介しています。はたして同国で、iPhone、Apple Watch、iPad、Macを合わせて「4種の神器」となる日も来るのでしょうか。
 
 
Source:中国新聞網
(kihachi)

--PR--

[公式] - iPhoneの購入や予約はオンラインで確実に!


→ ソフトバンクオンラインショップ


→ auオンラインショップ


→ ドコモオンラインショップ


→ 格安でiPhoneを使うなら「Y!mobile」や「UQモバイル

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる