トップページ > iPad Pro > ジョナサン・アイヴ氏、Apple Pencilのデザインを語る
2015年11月16日 23時22分

読了まで 330

ジョナサン・アイヴ氏、Apple Pencilのデザインを語る

Apple Pencil


 
Appleの最高デザイン責任者であるジョナサン・アイヴ氏が、英紙テレグラフのインタビューに対し、iPad Pro用アクセサリApple Pencilのデザインについて語っています。

「Apple Pencil」と名づけた理由

Appleの製品や店舗など、デザインに関わる最高責任者であるジョナサン・アイヴ氏が、Apple Pencilのデザインに込めた想いを語ったインタビューが、英紙テレグラフの電子版に公開されました。
 
Apple初のスタイラスに「Apple Pencil」と名づけた理由についてアイヴ氏は、「過去数百年にわたり成長と進化を遂げてきた筆記用具への敬意」と語っています。
 
なお、アイヴ氏は、長い伝統を持つカテゴリに製品を投入する際、文化的・歴史的文脈にApple製品をどう位置づけるかについて熟考するといい、昨年は「Apple WatchのデザインはiPhone以上に大変だった」と苦労を語っています。

指での操作を前提としたiPad用にスタイラスを開発という相反するテーマ

Apple Pencilの開発に当たっての最大の課題は、iOS端末での操作に適した、伝統的な筆記用具の形をした道具のデザインを挙げています。
 
これは明確な「点」のない「指」での操作を前提にデザインされたiPadやiPhoneといったiOS端末に、入力の「点」を検知させるスタイラスをデザインするという、相反するテーマの難しさを示しています。
 
Apple Pencil
 
しかし、この課題を克服したからこそ、微妙な筆圧の差で線の太さを変えたり、鉛筆の傾きで濃淡を表現するような、滑らかで繊細な描写を実現することができたのでしょう。

「自然」な使用感への強いこだわり

インタビュアーは、アイヴ氏が「自然(natural)」という語を繰り返し使っていたのが印象的だったと記しています。特に、Apple Pencilの使用感については頻繁に「自然」の語が用いられます。
 
Apple Pencil
 

「もし、あなたが絵筆や鉛筆やペンを長時間使うのに慣れているなら、Apple Pencilの使い心地は、それら従来の筆記具の使い心地の自然な延長線上にあることを感じられるはずです」
 
「とても簡単で自然なこの感覚が得られるようにすることこそ、重要な技術的課題でした」

アナログ世界では想像もできない表現が可能に

アイヴ氏は、初めてApple Pencilを使う全員に驚きを感じて欲しいと語り、「皆が使ったことのあるスタイラスは、アナログな世界の表現がとても貧弱であることに気付くはず」とApple Pencilが従来のスタイラスとは全く異なるものであることを強調しています。
 
Apple Pencil
 
また、「Apple Pencilにより、アナログ世界でのスケッチや筆記では想像できないような経験が可能になる」と、Apple Pencilが表現方法を拡大する可能性についても語っています。
 
その一方、Apple Pencilは将来も紙とHB鉛筆と共存できると予想しており、Apple Pencilが従来の筆記方法を置き換えるのではなく、拡張するもの、との考えを示しています。

Apple Pencilの充電方法開発の背景にある考え

Apple Pencilは、Lightning端子でiPadProから充電します。この充電方法についてアイヴ氏は、「誰かが、我々らしくない考えだと指摘するかもしれないね」と笑い、「いくつもの機器を充電する方法は避けたくて、この充電方法の開発に一生懸命に取り組んだ」と開発の背景にある考えを明かしています。
 
Apple Pencil

構えず、意識せず使ってこそ魅力を発揮するApple Pencil

アイヴ氏は、ユーザーがApple Pencilを特別な道具だと思わず、日常的な単なる道具として使ってこそ、その魅力を発揮する、と語りました。
 

「可能な限り身構えずに使い始めて欲しい。余計な先入観がないほど、自然に使うことができるから」
 
「特に目的や意図を持つことなく、ただの道具として使い始めたとき、試用の領域を超えて実際に使い始めたことを実感できるはずです。その境界線を越えた時こそ、あなたはApple Pencilを最もパワフルと感じられるでしょう」

価格は11,800円

Apple Pencilは、iPad Proと同時に発売されており、11,800円(税別)で販売されています。本稿執筆時点で、Appleのオンラインストアでの出荷予定日は「4-5週」と案内されており、今から注文すれば、年末年始の休みには手元に届く計算です。
 
Apple Pencil
 
アイヴ氏自身が語る、日本語字幕つきのApple Pencil紹介動画はこちらです。
 

 
ちなみに、9月にApple Pencilが発表された直後で、まだ日本語字幕版が公開されていなかった頃、公式動画の音声を吹き変えた大阪弁バージョンが公開されて話題となりました。

 
 
Source:Telegraph
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる