トップページ > 最新情報 > Googleの自動運転車、走行速度が遅すぎて警官に止められる
2015年11月14日 05時19分

読了まで 146

Googleの自動運転車、走行速度が遅すぎて警官に止められる

Google_selfdriving
 
Googleの自動運転車が現地時間12日、走行速度があまりにも遅かったため、カリフォルニア州マウンテンビューの本社近くで、白バイ警官に止められました。

35マイル制限道路を25マイルで走行

マウンテンビュー警察がいつものように交通状態を観察していたところ、不自然に速度が落ちている地点が見つかりました。Googleの本社から約2.3マイル離れた交差点です。
 
問題地点に向かった白バイ警官が見つけたのは、ゆっくり走るGoogleの自動運転車でした。制限速度時速35マイル(約56キロ)の地点を、25マイル(約40キロ)で走っていたそうです。
 
とはいえ、35マイル制限の25マイルで走行するのは違反行為ではないので、もちろん違反チケットは切られていません。

すでに120万マイルの走行実験済み

Googleはこれに対し、

「安全上の理由から、プロトタイプ車の速度は時速25マイルに制限している」

と説明しています。
 
また同社は、

「120万マイルの自動運転を行ったが(人間でいうと90年の運転経験に相当)、一度もチケットを切られていないのが自慢だ!」

と記しており、すでに自動運転車で、120万マイル(約193万1,200キロ)もの走行実験を行っていることを明かしています。

 
 
Source:ArsTechnica,Google Self-Driving Car Project
Photo:Aleksandr Milewski
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる