トップページ > 最新情報 > Googleが公開情報や範囲を管理できる「About Me」ページを導入
2015年11月13日 10時49分

読了まで 147

Googleが公開情報や範囲を管理できる「About Me」ページを導入

Google_acountinfo


 
Googleが、Googleのサービスで扱うユーザー情報を、ユーザー自身が確認・管理できる「About Me(アカウント情報)」ページを立ち上げました。見たところ、日本語ではAbout Meではなく、「アカウント情報」というタイトルになっているようです。

公開範囲の確認と変更が容易に

About MeページはGoogle+のユーザー情報ページとほぼ同じで、登録している名前、現在地、性別、誕生日などの基本情報をまとめて見ることができ、それぞれの現在の公開範囲(プライベート、一般公開、サークル内など)を確認、変更できます。日本語版の「アカウント情報」はデザインは違いますが、中身は一緒です。
 
またプライバシー設定の「プライバシー診断」のリンクをクリックすると、Google+のプロフィールやGoogle Photo、YouTubeのサブスクリプションなどの公開範囲を確認することができます。これまで知らずに一般公開していた情報を非公開にしたり、特定のサークル内だけの公開へと切り替えることが可能です。

自分のWeb閲覧履歴の保存についても管理可能に

さらにGoogleが現在自動的に保存している、Web閲覧やアプリの使用履歴、訪れた場所の履歴、YouTube検索履歴、YouTubeの視聴履歴についても、履歴を「保存しない」という選択が、プライバシー設定で行えるようになりました。
 
今後は「ほかのユーザーからどう見えるか」などの機能も追加される予定です。
 
 
Source:Google
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる