トップページ > 最新情報 > YouTubeが音楽配信事業に本格参入!「YouTube Music」アプリを発表
2015年11月13日 08時58分

読了まで 154

YouTubeが音楽配信事業に本格参入!「YouTube Music」アプリを発表

YouTubeMusicapp


 
Google傘下のYouTubeは現地時間11月12日、音楽に特化した「YouTube Music」アプリを発表しました。iOS向けとAndroid向けがあり、米国のApp StoreとGoogle Play Storeでダウンロードすることが可能です。

すでに多くのユーザーを持つYouTube

Apple Musicを始め、Spotify、Pandora、Rdio、Rhapsody、そしてAmazonと、米国の音楽配信市場は新規参入が相次ぎ、まさに厳しい競争時代に突入しています。そこへ満を持して、YouTubeが参入することになりました。
 
複数のメディアが、YouTubeがこの市場を制する可能性があるとして、同サービスの優位性を説いています。その最大の理由は、すでに10億人強のユーザーが、YouTubeの動画を視聴しているという事実にあります。
 
また米メディアWiredは、YouTubeユーザーは動画を視聴するだけでなく、そこからクリップを作成したり、リミックスしたり、コメントをつけたり、共有したりして、動画をさらに広めていく点が、ほかのサービスの利用者とは一線を画すると指摘しています。

YouTube Musicアプリ

YouTube Musicアプリではほかの音楽サービスアプリ同様、音楽の検索、レコメンデーション、自分の趣味に合わせたステーションの作成などが行うことができます。
 
アプリは無料ですが、先月末に発表されたYouTube Redの加入者は、広告表示なしでYouTube Musicアプリを利用できるうえ、オフラインで音楽を聴いたり、ビデオと音楽(動画表示なし)を自由に切り替えることも可能です。
 

 
 
Source:YouTube
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる