トップページ > iPad Air > iPad Air購入者の75%が、iPadリピーター
2013年11月2日 15時53分

読了まで 147

iPad Air購入者の75%が、iPadリピーター

アメリカの調査機関PiperJaffray社の調べによると、アメリカでiPad Air発売日に購入した人の実に75パーセントがすでにiPadを保有していることがわかりました。昨年のiPad miniの発売時にはこの数字は58パーセントでしたので、iPad Airでは、とても高い割合でiPadリピーターであるようです。

 

iPad Air

 

iPad市場の飽和が懸念される。

PiperJaffray社のアナリストGene Munster氏は、アメリカのマーケットは若干飽和ぎみであると考えています。

 

1日にiPad Airを購入した71人を調査したところ、買い替えサイクルはおよそ23ヶ月程度であり、一般的な買い替えサイクルの30ヶ月よりとても短くなっているのが特徴です。購入される容量の平均値は、59.7GBであり、第3世代iPadの時には40.5GBでした。

 

フルサイズのiPadとminiの2台持ちが主流

iPad Airの購入者の75パーセントが買い替えのためであり、18パーセントが古い端末を使い続けていると考えられます。これらのユーザーの多くがiPad miniを使用していると考えられます。

 

結論としては、iPadを複数台所有する人たちは、フルサイズのiPadとiPad miniを持つ傾向が強いようです。

 

iPad Airも記録的なヒットとなりそうですが、はじめてタブレット買う人は少ないようで、買い替えのために買う人が多いようです。

 

参照元:MacRumors
執 筆:MIYA

カテゴリ : iPad Air, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる